おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.05.30 | 公開 2018.05.30

秘伝の”ピリ辛”に舌鼓! 中華の鉄人が贈る 「赤坂四川飯店」の四川料理

平日はビジネスマンが多く行き交う東京・永田町にお店を構える「赤坂四川飯店」。父子三代にわたり受け継がれてきた味を大切にしている、老舗の中華料理店です。棒々鶏やえびのチリソース、麻婆豆腐をはじめとした本格的な四川料理を味わうことができます。

本場の四川料理をシックでおしゃれな空間で

秘伝の”ピリ辛”に舌鼓! 中華の鉄人が贈る 「赤坂四川飯店」の四川料理の1番目の画像

東京・永田町にある「赤坂四川飯店」の店内は、重厚感あるインテリアが配置され、落ち着いた空間が広がります。気軽に利用できるテーブル席の他に、宴会場や個室なども備えているので様々なシーンで利用できます。
平日は場所柄、接待利用をはじめビジネスマンで賑わいを見せていますが、週末になると子ども連れでの来店も多く本場の四川料理を囲んだ家族団らんの場となっています。

四川料理の第一人者、陳健民から受け継がれた名店

秘伝の”ピリ辛”に舌鼓! 中華の鉄人が贈る 「赤坂四川飯店」の四川料理の2番目の画像

赤坂四川飯店は、四川料理の第一人者である陳健民が創業したことにより、その歴史が始まります。創業当初は、彼を陰で支えた妻・洋子の存在がとても大きく、時には通訳、時にはマネージャーとして寄り添い、二人三脚で現在のお店の礎を築きました。
彼の息子・健一、孫・健太郎へと父子三代にわたり、受け継がれてきたものを大切に継承していくとともに、新しい四川料理のかたちも提案し続けています。

四川料理の代表格! 「陳麻婆豆腐」をぜひご堪能あれ!

秘伝の”ピリ辛”に舌鼓! 中華の鉄人が贈る 「赤坂四川飯店」の四川料理の3番目の画像

「辛さの四川」といわれるように、四川料理は山椒の刺激や、酸味、香味など様々な香辛料で深みのある味わいが特徴です。その特徴を存分に味わえるのが、お店の看板メニューでもある「陳麻婆豆腐」。
花山椒の痺れる辛さと様々な具材によって引き出されている旨みが、ご飯をどんどん進ませます。いわば伝家の宝刀と言うべきこの「陳麻婆豆腐」を、ぜひ注文してみてください。

辛さとまろやかさが混ざり合うオリジナルのえびチリ!

秘伝の”ピリ辛”に舌鼓! 中華の鉄人が贈る 「赤坂四川飯店」の四川料理の4番目の画像

みんな大好き「えびのチリソース」もお店の大人気メニュー。海老と卵を使った「赤坂四川飯店」オリジナルのえびチリです。ぷりっぷりの海老が卵でとじられていて、四川料理の辛さの中にもまろやかさも味わえる、絶妙な一品です。
他にも「回鍋肉」や「担々麺」など、創始者・陳健民が日本人に親しみやすくアレンジして広まった数々の名料理がメニューに並び、選ぶお客さんを大いに悩ませます。

たくさんの人に四川料理を知って欲しい!

秘伝の”ピリ辛”に舌鼓! 中華の鉄人が贈る 「赤坂四川飯店」の四川料理の5番目の画像

お店の料理人たちは、辛い料理が好きな人にも苦手な人にも四川料理を食べてもらい、四川料理を知って欲しいという強い思いのもと、日々料理を作っています。お客さんの「おいしい! 」という言葉が料理人たちの励みで、その言葉のために日々努力しています。
「料理は人間を育むもの」として、それを提供していくことを使命とする「赤坂四川飯店」の精神は、初代陳健民から受け継がれたものです。

東京メトロ有楽町線、南北線、半蔵門線の永田町駅から4、5番出口を出て徒歩2分ほどのところにある「赤坂四川飯店」。家族団らんの場を過ごしたり接待で利用したり、無性に中華が食べたくなった時など様々なシーンで利用できるお店です。
本場の四川料理で楽しいくつろぎの時間をお過ごしください。

スポット情報

赤坂四川飯店

赤坂四川飯店

東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館ビル5F・6F

050-5868-2308

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事