おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.06.06 | 公開 2018.06.06

本場盛岡の味! 売り切れ必至のコッペパン専門店「(食)盛岡製パン」

「(食)盛岡製パン」が千葉県にもやってきました。注文してから作りはじめる出来立てのコッペパンは絶品です。おやつやご飯、手土産としても重宝するコッペパンの魅力をご紹介します。

懐かしくどこか温かい雰囲気の「(食)盛岡製パン」

本場盛岡の味! 売り切れ必至のコッペパン専門店「(食)盛岡製パン」の1番目の画像

赤い看板に大きく書かれた盛岡の文字が目を引くお店「(食)盛岡製パン」。
一見するとパン屋さんとは分かりにくい独特の店構えですが、どこか懐かしい雰囲気が漂い親しみを感じられます。
赤と黄色の提灯も、お店の良いアクセントになっています。店内は木がふんだんに使われたナチュラルで落ち着いた空間。お店の奥でパンを焼いていて、香ばしい匂いが店内に漂います。

盛岡の食や文化を多くの人に発信していきたい

本場盛岡の味! 売り切れ必至のコッペパン専門店「(食)盛岡製パン」の2番目の画像

岩手県盛岡市は南部せんべいや盛岡冷麺、じゃじゃ麺など名物がたくさん。
そして、実はコッペパンのブームの火付け役でもあるのです。
そんな盛岡の食や文化を多くの人に知ってもらいたいという想いで「(食)盛岡製パン」は作られました。
また、パンは子どもからお年寄りまで幅広い世代が手軽に買える食べ物。
パンを通して社会貢献をして、日本のパン業界を盛り上げていきたいという熱い想いもあります。

盛岡の代表する麺料理とコッペパンのコラボ

本場盛岡の味! 売り切れ必至のコッペパン専門店「(食)盛岡製パン」の3番目の画像

給食で食べていた少しぱさぱさしたコッペパンとは違い、お店で毎日焼いているコッペパンは、ふわふわでもちもちなのにしっとりしています。
パンの材料は岩手産「ゆきちから」という小麦を使うというこだわりよう。
お店のおすすめの商品は、「盛岡じゃじゃ麺」です。
じゃじゃ麺は盛岡を代表する麺料理のひとつ。
太めの麺に、特製のじゃじゃ味噌ときゅうり、ネギをかけたものをコッペパンに挟みました。
パンから覗く太めの麺はインパクトがありますが、食べると癖になる美味しさです。盛岡の本場の味を楽しめます。

よく冷えた、たっぷりふわふわのパターが絶品!

本場盛岡の味! 売り切れ必至のコッペパン専門店「(食)盛岡製パン」の4番目の画像

オーダーをして、ひとつひとつ丁寧につくられるコッペパンはどれも絶品。
その中でも見た目を楽しませてくれる商品が、「削りバターといちごジャム」です。
よく冷えた削りバターをパンからはみ出るくらいたくさんのせてくれます。
いちごジャムも自家製で、ジャムの甘さとふわふわのバターのコンビネーションが絶品。
甘いものが好きな女性にはたまりません。
いちごジャム以外にも、あんこやブルーベリージャムもあります。

たくさんのメニューと無料のコーヒーサービスも嬉しい!

本場盛岡の味! 売り切れ必至のコッペパン専門店「(食)盛岡製パン」の5番目の画像

「(食)盛岡製パン」には、おかず系の具を挟んだおかずこっぺと、甘いものを挟んだお菓子こっぺなどたくさんのメニューがあります。
岩手県の名産・前沢牛を使った「前沢牛コロッケ」は、コロッケを贅沢に丸ごと入れたボリュームたっぷりのパンです。
ふっくらとしたコッペパンにコロッケがよく合います。
コッペパンが出来上がるまでの待ち時間には、コーヒーの無料サービスがあるのも嬉しいポイントです。
お店のコッペパンは、出来立てはもちろん冷めても美味しいので手土産としても人気です。

千葉県の、東京メトロ東西線の行徳駅から徒歩2分のところにある「(食)盛岡製パン」は、たくさんのメディアにも取り上げられている注目店。
焼きたてふわふわのコッペパンは、子どもからお年寄りまでたくさんの人に愛される味です。
食の宝庫、盛岡の味をぜひ一度堪能してみてくださいね。

スポット情報

盛岡製パン

盛岡製パン

千葉県市川市行徳駅前1-27-17

047-316-0480

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事