ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2017.07.27 ・ POST 2017.07.27

家の常識が覆る!住む人に劇的変化を起こす「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」

東京都 > 三鷹

  • 1

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

    お気に入りしました。
    「マイページ」から確認できます。

  • 31

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな色と仕掛けにあふれた「三鷹天命反転住宅」

家の常識が覆る!住む人に劇的変化を起こす「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」の1番目の画像

三鷹市から八王子方面に向かう幹線道路沿いにある、集合住宅の「三鷹天命反転住宅」。目に飛び込む鮮やかな色の造りは住宅とは思えず、まるでテーマパークのよう。カラフルで立体感のある室内は真ん中にキッチン、それを囲むように球体やキューブ型の部屋が配置されています。
「身体を中心に設計した家」というコンセプトどおり、さまざまな仕掛けによって身体の感覚が呼び起こされるようになっています。

「死なない家」を目指した住宅は、新しい価値観を持つ家に

家の常識が覆る!住む人に劇的変化を起こす「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」の2番目の画像

死なないための家づくりという考えのもと、2005年に誕生した「三鷹天命反転住宅」。ふたりが「死」という天命を反転させる家を目指したのは、荒川氏の幼少期の体験が元になっており、環境を変えることで死なない世界を実現できるのでは、と考えたため。
「天命反転」の実践者として、ヘレン・ケラーを住宅のモデルにしています。住む人それぞれが自由に暮らしながら身体感覚を鍛えるという、新しい価値観を持つ住宅です。

部屋やお風呂に扉がない!? 生活スタイルが変わる家

家の常識が覆る!住む人に劇的変化を起こす「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」の3番目の画像

屋内の各部屋には、ドアがありません。これにより、実際に住んでいる方からは「外に出る機会が増えた」「喧嘩が減った」と、生活スタイルや同居者との関係性が変わったというエピソードも。
個室がないから生活しにくいという考え方を超え、この空間に感覚を呼び起こされながら自分らしく暮らせることが大きな魅力です。他にも、大人と子供の土踏まずに合わせて床に作られた大小の凹凸や、場所によって見え方が変わる天井の勾配など、さまざまな仕掛けを体験できます。

「三鷹天命反転住宅」ではショートステイが楽しめる!

家の常識が覆る!住む人に劇的変化を起こす「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」の4番目の画像

「三鷹天命反転住宅」では、ショートステイプログラム(69,200円~)を体験できます。
テーマ別に2つの部屋が用意され、最低3泊4日から利用可能。家族や恋人、友人と一緒に利用できます。真ん中に位置するキッチンとカウンターを囲んで、ホームパーティーをするのもおすすめ。一般的な家のパーティーとは違う楽しみを、みんなで味わえるはずです。

「三鷹天命反転住宅」の見学会に行ってみよう!

家の常識が覆る!住む人に劇的変化を起こす「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」の5番目の画像

「三鷹天命反転住宅」は、2005年の完成以来多くの海外メディアでも取り上げられています。そんな住宅の建築や室内を見学したい人向けに見学会が行われており、ワークショップ型の見学会から学芸担当者の解説付き見学会まで、そのコースもさまざまです。
見学は定員制ですが、別日程での団体見学も可能。事前予約が必要なので、コースの詳細や日程については公式HPで確認しましょう。

人が暮らして完成する「三鷹天命反転住宅」

家の常識が覆る!住む人に劇的変化を起こす「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」の6番目の画像

建物を設計した荒川修作とマドリン・ギンズが「人が住んで初めて完成する」と言うとおり、「三鷹天命反転住宅」はただの建築アートではありません。実際にその空間で生活することで、ふたりが目指した「死なないための家」の本質や魅力に気付くことができます。
現在、2部屋においてショートステイプログラムなどを利用し、この住宅でしかできない生活を体験できます。眠っている身体の感覚を呼び起こしてみませんか?

三鷹天命反転住宅は、JR中央線の武蔵境駅南口より「境91 狛江駅(調布駅経由)」に乗車し、「大沢」の停留所で下車、バス停よりバスの進行方向に向かって歩き、天文台北交差点に出ると、右前にカラフルな建物が見えてきます。ぜひ、三鷹の観光スポットと併せて足を運んでみてください。
Reversible Destiny Lofts Mitaka – In Memory of Helen Keller, created in 2005 by Arakawa and Madeline Gins, © 2005 Estate of Madeline Gins.

スポット情報

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!

関連する記事

人気記事