おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.08.03 | 公開 2017.08.03

沖縄の夜を満喫! 三線の音色に包まれながら「まんじゅまい」で”お袋の味”に舌鼓

那覇にある「まんじゅまい」では沖縄の家庭料理が楽しめます。週末には沖縄民謡のライブが開催され、三線の音色に合わせて、地元住民も観光客も一緒になって踊れる素敵なお店です。楽しく、美味しく、どこか懐かしさを感じさせる「まんじゅまい」の魅力をご紹介します。

地元で長きにわたり愛されている「まちの食堂」

沖縄の夜を満喫! 三線の音色に包まれながら「まんじゅまい」で”お袋の味”に舌鼓の1番目の画像

那覇にある「まんじゅまい」では沖縄の家庭料理が楽しめます。店内には料理が飾られたショーケースがあり、沖縄の“まちの食堂” といった雰囲気を醸し出しています。看板に書かれた「老舗」の二文字が印象的で、店内に入ると壁一面に飾られた県内外の著名人のサインが目に飛び込んできます。
ずらりと並んだ自家製のお酒は、圧巻の品揃えです。ブルーの椅子が印象的なテーブル席や、壁にかかった木札のメニューは、どこか懐かしさを感じさせます。お座敷もあるので、大人数でも入店しやすいお店です。

国際通りからすぐ近く! リピーターが多い老舗

沖縄の夜を満喫! 三線の音色に包まれながら「まんじゅまい」で”お袋の味”に舌鼓の2番目の画像

店名の「まんじゅまい」は、沖縄の方言で「パパイヤ」のこと。お店ではパパイヤ炒めをはじめとした、本格的な沖縄の家庭料理を楽しめます。外国からの観光客も多く来店するため、英語・韓国語・台湾・香港・中国語のメニューも用意。もちろん、地元のリピーターのお客さんも多く来店しています。
国際通りのすぐ近くという、観光地のど真ん中にありながらも、お値段はどれもリーズナブル。地元の方が足繁く通うのも納得です。

「トウフチャンプルー」は沖縄で必ず食べたい1品

沖縄の夜を満喫! 三線の音色に包まれながら「まんじゅまい」で”お袋の味”に舌鼓の3番目の画像

お店のイチオシメニューは、沖縄料理の定番ともいえる「トウフチャンプルー」です。沖縄らしいしっかりした歯ごたえの豆腐と、キャベツやニラ、にんじんやもやしといった沢山のお野菜を、醤油で味付け。
また、青パパイヤとたっぷりの野菜をシーチキンと一緒に炒め、自家製のたまり醤油で味付けした「まんじゅまい炒め」も人気メニューです。パパイヤは「パパイン酵素」を含み、消化機能を助けてくれる嬉しい食材。これを食べれば、旅先で疲れた胃腸も元気になることでしょう。パパイヤの歯ごたえがユニークな一皿です。

週末開催の沖縄民謡ライブ! 沖縄の夜を満喫しよう!

沖縄の夜を満喫! 三線の音色に包まれながら「まんじゅまい」で”お袋の味”に舌鼓の4番目の画像

毎週金曜日と土曜日に沖縄民謡ライブが開催されるので、週末に行けば沖縄の夜を満喫できます。三線の音色に合わせて、島唄が店内に響く中で泡盛やオリオンビールを飲み本場のメニューを楽しめば、まるで自分も島人になったかのよう。
ライブの後半では、唄に合わせてみんなで踊ります。観光客も地元の方も一緒になって、笑い、踊り、語れるアットホームなお店です。

「いちゃりばちょーでー」の雰囲気を大事にするお店

沖縄の夜を満喫! 三線の音色に包まれながら「まんじゅまい」で”お袋の味”に舌鼓の5番目の画像

「いちゃりばちょーでー」すなわち、「1度会ったら、みな兄弟。仲良くしましょう」という想いを大切にしているお店です。「店員とお客さんはもちろん、お客さん同士が触れ合えるこのお店のことを是非知っていただきたい。そして沖縄の本格的な家庭料理を味わってほしい」と、店主は語ります。
お手頃価格で美味しい沖縄料理が堪能できて、地元沖縄県民も観光客も、皆が満足できる「まんじゅまい」は、那覇に訪れた際に足を運んでいただきたいお店です。
まんじゅまいは、沖縄都市モノレール・ゆいレールの県庁前駅の1番出口を出て、徒歩3分ほどの距離にあります。国際通りの1本後ろの通り沿いにあるので、「あんとん」と「MIビル久茂地」の間を抜け、「沖縄県教育会館」を目指しましょう。店員さんが温かく出迎える「まんじゅまい」で、沖縄料理を堪能してみてください。

スポット情報

まんじゅまい

まんじゅまい

沖縄県那覇市久茂地3-9-23

098-867-2771

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事