おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2018.05.05 | 公開 2018.05.05

綺麗な字を書くコツ・美文字の先生直伝! 「高橋」さんのポイントは逆台形

スマートフォンやパソコンの普及により、手書きで文字を書く機会が減ってきました。いざ履歴書やお礼状などを手書きするとき、綺麗に書けるか不安だという方も多いでしょう。今回は、全国名字ランキング第3位「高橋」さんの美文字ポイントの5つをご紹介します。

最初のコツを掴んで「高橋」に挑戦!

綺麗な字を書くコツ・美文字の先生直伝! 「高橋」さんのポイントは逆台形の1番目の画像

全国名字ランキング第3位の「高橋」さん。この2文字の中に、4つも登場するのが「口」という漢字です。普段からよく使用する漢字のひとつで、皆さんも馴染みがあるかと思います。
美文字ポイントは「口」の四角を逆台形にしましょう。これを正方形にしてしまうと、バランスが悪くなってしまいます。また、横に広がった四角も文字が太って見えるので要注意です。

ポイントとなる形は逆台形です

綺麗な字を書くコツ・美文字の先生直伝! 「高橋」さんのポイントは逆台形の2番目の画像

「高橋」の漢字に2ヶ所登場する、“冂がまえ(けいがまえ)”も「口」と同様に逆台形にする事がポイントです。1画目の縦線は短く書き、2画目は1画目の縦線よりも長くすると良いでしょう。ここで力強く長く書く事を意識すると、書きやすくバランス良く見えます。
はねは45度の角度にすると、より美しく見えるでしょう。このポイントを抑えると、よく使用する「雨」や「円」などの漢字にも応用できます。

左右対称を意識しましょう

綺麗な字を書くコツ・美文字の先生直伝! 「高橋」さんのポイントは逆台形の3番目の画像

「高」の漢字の、横線の長さは均等になるようにします。棒に串刺しにしているようなイメージです。そして全ての部位を真ん中に配置して、左右対称の形になるようにすると美しくなります。部位の幅も全てが同じ幅になるように書きましょう。
3画目~5画目の「口」は大きく書き過ぎないこと。これらを意識するだけで、とてもバランスの整った美文字が完成します。

木へんの縦線の位置が重要ポイント

綺麗な字を書くコツ・美文字の先生直伝! 「高橋」さんのポイントは逆台形の4番目の画像

「橋」の漢字の2画目にあたる縦線は、1画目の横線を3等分した時の2対1の位置に書くとバランスが良くなります。縦線の書き終わりはしっかり止めましょう。しっかり止める事で、字が引き締まります。また1画目と3画目の左端も、同じ位置に揃っていると見栄えが格段に良くなるでしょう。
最後に確認してほしいのが、木へんの書き終わりです。右側が揃っていると美しいバランスになります。

最後に払い部分の方向を意識しよう

綺麗な字を書くコツ・美文字の先生直伝! 「高橋」さんのポイントは逆台形の5番目の画像

これが最後のポイントになります。「橋」の右側一番上の部分にある5画目の払いは、横に払いましょう。下方向に向けて払ってしまうと、左右対称の美しいバランスが保てなくなります。
7画目にも払いがありますが、こちらも同じ様に横に払う事を意識して書きましょう。9画目からは、「高」の漢字の時と同じ形になります。先ほど紹介したように、左右対称で等しい間隔を空けて書きましょう。
手書きの文字はその人の内面が表れると、よく言われます。文字によって、相手にどんな印象を与えるのかが決まってくるのです。文字を書く機会が減ってしまった今こそ、いざという時の為に美文字をマスターすると、きっとどこかで役立ちます。
ご自身が「高橋」と言う名字の方はもちろん、良く使う漢字にも応用できるので、ぜひ美文字練習に挑戦してみてはいかがでしょうか。

監修:myMOJI萩原季実子(ペン字講師・美文字マインドクリエイター)
http://mymoji.jp/

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事