おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.08.06 | 公開 2017.08.06

何時間でも過ごせちゃう! 京都初の町家ブックカフェ「Cafe Bibliotic Hello!」

京都市中京区にある「Cafe Bibliotic Hello!(カフェ ビブリオティック ハロー!)」は、町屋を改装したノスタルジックな雰囲気のカフェ。中には天井近くまで伸びる大きな本棚があり、コーヒーをいただきながら店内の本をゆっくりと読むことができます。京都初となるブックカフェの魅力に迫りました。

町屋を改装した趣きのあるブックカフェへようこそ

何時間でも過ごせちゃう! 京都初の町家ブックカフェ「Cafe Bibliotic Hello!」の1番目の画像

京都で初めてとなる町屋ブックカフェ「Cafe Bibliotic Hello!(カフェ ビブリオティック ハロー!)」へ行くと、店の前にある大きなバナナの木が出迎えてくれます。京都の古き良き町屋を改装したこちらのカフェ。バナナの木と風情が残る日本家屋風の外観が、おしゃれな雰囲気を醸し出しています。

町屋風のカフェに入るとすぐ、大きな本棚が目に飛び込んできました。天井まで届きそうなほど巨大な本棚には、まるで図書館のように本が揃っています。

人気の秘密は客層を選ばない居心地のよさ

何時間でも過ごせちゃう! 京都初の町家ブックカフェ「Cafe Bibliotic Hello!」の2番目の画像

大きなテーブルに暖炉、窓からやわらかな光がやさしく降り注ぐ店内。吹き抜けで開放感があり、ゆっくりと落ち着いて過ごすために作られた居心地の良い空間です。

コンセプトは、地元の方や観光客、カップルや家族連れなど誰もがくつろげるカフェ。オーセンティックな空間づくりと料理を提供する「カフェ ビブリオティック ハロー!」は、年齢や国籍を問わず幅広い客層に人気があります。

美しいラテアートが心を癒やす人気のカプチーノ

何時間でも過ごせちゃう! 京都初の町家ブックカフェ「Cafe Bibliotic Hello!」の3番目の画像

数あるドリンクメニューの中でも人気が高いのが、ラテアートの施されたカプチーノです。ほろ苦いカプチーノは、食事の後や甘いスイーツと一緒にいただきたい一品。香り高いコーヒーとおしゃれなラテアートが、心をほっこりと和らげてくれます。

しっかりとコクのあるエスプレッソに、なめらかなスチームミルクが溶けた自慢のカプチーノ。読書のお供にいかがでしょうか。

生のフルーツを贅沢に使った旬のタルトを召し上がれ

何時間でも過ごせちゃう! 京都初の町家ブックカフェ「Cafe Bibliotic Hello!」の4番目の画像

スイーツをどれにするか迷ったら、素材の味を生かした「フルーツタルト」がおすすめです。季節のフルーツを、惜しげもなくたっぷりと使った人気のスイーツ。果物はオーダーされてからカットするので、新鮮な味わいが堪能できます。

みずみずしい旬のフルーツを邪魔しない、甘さ控えめのクリーム。この2つを支えるサクサクとした食感のタルト生地が見事にマッチした、絶品スイーツです。

大きな書斎にいるような気分でリラックス

何時間でも過ごせちゃう! 京都初の町家ブックカフェ「Cafe Bibliotic Hello!」の5番目の画像

店内の1Fにはベーカリーコーナーもあり、焼き立てのパンが並んでいます。どれもお手頃価格なので、地元の人や通りがかりの人など、気軽に購入していく姿も目立ちます。

2Fは画廊スペースを設けており、企画展を開催していることもあります。たくさんの本に囲まれたカフェは、まるで大きな書斎にいる感覚でくつろげるでしょう。

京都市営地下鉄東西線「京都市役所前駅」9番出口から徒歩10分。富小路公園方面へ歩いたところにあります。本を読んだりランチしたり、パンを買ったり画像をのぞいたり、さまざまな楽しみ方ができる「カフェ ビブリオティック ハロー!」で、お気に入りの時間を過ごしてください。

スポット情報

Cafe Bibliotic Hello!

Cafe Bibliotic Hello!

京都府京都市中京区二条通柳馬場東入ル晴明町650

075-231-8625

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事