おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2018.04.26 | 公開 2018.04.26

シンプルだけど奥深い!「田中」さんをキレイに書く秘訣

パソコンやスマホが普及した現代は、手書きの文字を書く機会が少なくなりました。いざという時の為に、綺麗な文字が書ける準備を始めてみませんか? 今回は全国名字ランキング第3位の「田中」の、美文字のコツをご紹介します。

「田」の四角は逆台形にすると美しい

シンプルだけど奥深い!「田中」さんをキレイに書く秘訣の1番目の画像

全国名字ランキング3位にランキングされている「田中」。シンプルな文字だからこそ、綺麗なバランスで書くのに苦労する人も多いのではないでしょうか。「田」という文字は、全てを直線で書いてしまうと、平べったい印象になってしまいます。
そこで気を付けたいのは「田」の四角は逆台形を意識して書く事です。スッキリと引き締まった文字になります。

「田」の文字はあえてのスキマでこなれ感を

シンプルだけど奥深い!「田中」さんをキレイに書く秘訣の2番目の画像

「田」の3画目と4画目は、全てをくっ付けて書くのでは無く、あえてスキマを作って書いてみましょう。くっ付けて書くと子供っぽくなってしまい、文字にも窮屈な印象を受けてしまいます。
スキマをあける事で、文字にゆとりが生まれて大人っぽくなり、大人の女性らしい印象になるのです。

「中」の四角はタテは出して、横でしめる

シンプルだけど奥深い!「田中」さんをキレイに書く秘訣の3番目の画像

次は「中」の文字の、1画目から3画目の部分です。この部分を書き終えて、4画目を書き出す時が1番大切です。ちょうど中央の部分に、縦線を真っすぐ書き入れましょう。左右対称にし、左右には同じ大きさの丸が入るようなイメージです。
これは「田」の文字にも同じ事が言えます。「田中」を書くときは、左右対称のバランスを大切にしましょう。

最後のポイントは「中」の4画目

シンプルだけど奥深い!「田中」さんをキレイに書く秘訣の4番目の画像

「中」の文字の最後4画目では、ためを作りましょう。ただ真っすぐ縦線を下ろしただけでは、機械の文字のような印象になってしまいます。4画目は真っすぐ縦線を下す時に、だんだん力を抜いて書き終えましょう。
ここで注意したいポイントは、文字を早く書き終わろうとする事。急いで素早く縦線を書いてしまうと、軸もぶれてしまうのでバランスが崩れやすくなるので気を付けましょう。
皆さんのお知り合いにも、田中さんという名前の方は多いかと思います。身近な名前なので、書く機会も多いのではないでしょうか。
「田中」という文字はシンプルだからこそ、文字が綺麗に書けると引き立ちます。ひとつひとつのポイントは難しく無く、実践出来るものばかりです。今回ご紹介したコツをしっかり掴んで、美文字をマスターしましょう。

監修:myMOJI萩原季実子(ペン字講師・美文字マインドクリエイター)
http://mymoji.jp/

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」人気記事ランキング

おすすめの記事