おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.05.08 | 公開 2018.05.08

マニアも唸るジューシーさ! 薪釜で焼き上げる「赤坂グリル」の逸品ステーキ

今日はガッツリした肉が食べたい気分というときにおすすめの「赤坂グリル」。ランチ激戦区の赤坂において、人気店のひとつに入るステーキ専門店です。お手頃価格で本格ステーキが味わえるとあって、ランチタイムには多くの人で賑わいます。肉好きさんは必見! 「赤坂グリル」をご紹介します。

本格的な薪窯もある、落ち着いた雰囲気の店内

マニアも唸るジューシーさ! 薪釜で焼き上げる「赤坂グリル」の逸品ステーキの1番目の画像

白い外壁に、黒い文字で書かれた店名。その横にある牛のマークを見れば、もうお分かりでしょう。ステーキ専門店の「赤坂グリル」です。ビジネス街という立地もあり、近くのオフィスで働くサラリーマンやOLの来店が目立ちます。

店内は、木を基調とした温かみを感じる落ち着いた雰囲気。テーブルウェアもしっかりとセットされており、高級感が漂います。中央にはカウンター席が設けられており、その奥にあるのは本格的な薪窯。間接照明の効果もあり、大人のおしゃれな空間としてムード満点です。

肉に情熱を注ぐ

マニアも唸るジューシーさ! 薪釜で焼き上げる「赤坂グリル」の逸品ステーキの2番目の画像

今から7年前に赤坂に登場した「赤坂グリル」。以前は「Caro-Fuego」という店名でお店を出していました。「とにかく美味しいお肉を食べていただきたい」というコンセプトのもと試行錯誤を重ね、進化を遂げた「赤坂グリル」として生まれ変わったのです。

前店の良いところはそのまま残しつつ、さらにパワーアップした「赤坂グリル」。誰でも気軽に入れてリーズナブルにお腹いっぱいお肉を食べられるとあって、地域に愛されるお店です。

肉本来の旨みが強い牧草牛

マニアも唸るジューシーさ! 薪釜で焼き上げる「赤坂グリル」の逸品ステーキの3番目の画像

ステーキ専門店だけあってさまざまな種類の肉を取り扱っていますが、お店のイチオシは「ニュージーランド産牧草牛ステーキ」です。ニュージーランドの大自然で育った牛は、ビタミンなど栄養も豊富。

牧草牛とは牧草のみを餌とし、ストレスの少ない放牧スタイルで飼育された牛のこと。グラスフェッドビーフとも呼ばれ、赤身ながら繊細で柔らかい肉質と、肉の味がしっかりしているのにさっぱりとした味わいが特徴です。肉の旨みを存分に味わえるミディアムレアでお召し上がりください。

旨味がギュッと凝縮された、絶品洋風もつ煮込み

マニアも唸るジューシーさ! 薪釜で焼き上げる「赤坂グリル」の逸品ステーキの4番目の画像

牛の第4胃である部位・ギアラ。生の新鮮なギアラを、香味野菜やトマトと一緒に柔らかくなるまでじっくりと煮込んだ「ギアラの煮込み」はとろけるような食感。煮溶けた野菜が脂っぽさを消してくれるだけでなく、全体を風味豊かに仕上げてくれます。

ホルモン独特の旨みを最大限に引き出しており、あっという間に一皿ペロリと平らげてしまうはず。ワインなどのお酒と一緒にどうぞ。

一人ランチやお祝いの席など柔軟に対応

マニアも唸るジューシーさ! 薪釜で焼き上げる「赤坂グリル」の逸品ステーキの5番目の画像

ステーキで提供される牧草牛は、脂肪分が少なくビタミン豊富。美容と健康を気にする女性も、罪悪感なく楽しめる食材です。おひとりでの来店はもちろん、友人同士や団体での利用にもぴったり。記念日やお祝いの食事から宴会まで、幅広いシチュエーションで美味しいステーキを堪能してください。

季節の移り変わりとともにメニューの内容も一部変更するなど、来店客のニーズを反映することを心がけているので、何度でも行きたくなるお店です。

「赤坂グリル」は東京メトロ銀座線「赤坂見附駅」10番出口から歩いて約10分、溜池山王駅方面に向かってください。千代田線の「赤坂駅」1番出口からも歩いて行けます。いつもより少しだけ贅沢して、牧草牛のステーキをいただきましょう。

スポット情報

赤坂グリル

赤坂グリル

東京都港区赤坂3-7-11 レジーア赤坂1F

03-6459-1285

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事