おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.10.06 | 公開 2018.06.10

豪快な藁焼きスタイル!「わらやき屋 赤坂」で高知自慢の味に舌鼓

高知と言えば、藁(わら)で燻したカツオのタタキが有名です。「わらやき屋 赤坂」は、カツオの藁焼きなどが楽しめる土佐料理店。藁焼きに使う藁も高知から取り寄せ、本場の味を再現しています。高知の自慢の逸品が揃う「わらやき屋 赤坂」の魅力とおすすめメニューをご紹介します。

黒潮が打ち寄せる風景が目に浮かぶ、迫力満点の店づくり

豪快な藁焼きスタイル!「わらやき屋 赤坂」で高知自慢の味に舌鼓の1番目の画像

波しぶきをイメージした、ダイナミックな店構えの「わらやき屋 赤坂」。筆で書かれたような力強い看板、縁側のような趣きのあるファサードと、店に入る前から黒潮の荒波を表現したような力強さが溢れています。
ダークカラーを基調とした落ち着いた店内、壁には高知が誇る名酒がズラリと並びます。テーブル席、ボックス席、お座敷やカウンターと座席が豊富なので、さまざまなシーンで利用可能です。

まさに郷土愛! 豪快な藁焼きこそ最高の調理方法

豪快な藁焼きスタイル!「わらやき屋 赤坂」で高知自慢の味に舌鼓の2番目の画像

高知県は、海・山・川と自然に恵まれたところ。豊かな大地で育まれた食材は、どれも美味しいものばかりです。
高知の人々が口を揃えて言う「旨い食材は藁で焼く! 」の信念を貫き、新鮮な食材を火柱が立つ豪快な炎で一気に焼き上げます。
全国的にも有名な「カツオ」をはじめ「土佐はちきん地鶏」など、高知でおなじみの地元食材も、本場さながらの藁焼きで提供。素材そのものの旨味が味わえる豪快なご当地料理を思う存分堪能できます。

鼻をくすぐる香りと肉厚の鶏肉がたまらない

豪快な藁焼きスタイル!「わらやき屋 赤坂」で高知自慢の味に舌鼓の3番目の画像

「わらやき屋 赤坂」でぜひ召し上がって欲しいのが「はちきん地鶏もも肉の藁焼き」(1,390円)。高知名物のカツオと並ぶ看板メニューです。
高知県が誇るはちきん地鶏は、脂肪分が少なくもっちりとした程よい歯ごたえが特徴。身の締まったはちきん地鶏は、噛むたびに旨味成分が広がっていきます。
藁の煙で燻すことで、香ばしさと味の深みがアップ。藁焼きでしか出せない風味豊かな味わいをお楽しみください。

新事実! 海のギャングは驚くほど美味しかった

豪快な藁焼きスタイル!「わらやき屋 赤坂」で高知自慢の味に舌鼓の4番目の画像

”海のギャング”と称される凶暴なイメージの強いウツボですが、食べたら驚くほど美味であることをご存知ですか? 高知ではカツオと同じように地元で愛されている食材です。
特に、サクッと揚げた「うつぼ唐揚げ」(790円)は絶品。淡白な白身かと思いきや、想像以上に旨味が口の中に広がります。表面はカリッと、中はふっくらとした食感も楽しい一品を、ぜひ一度召し上がってみてください。

気分はまるで高知県民! 土佐の名物料理とお酒が選び放題

豪快な藁焼きスタイル!「わらやき屋 赤坂」で高知自慢の味に舌鼓の5番目の画像

新鮮な魚料理が豊富で、「鰻の藁焼き」や「鯨の藁焼き」などここでしか味わえない貴重なメニューもたくさん揃います。四万十名物「青さのりの天ぷら」(690円)といった、ヘルシーな土佐つまみもおすすめ。
高知のこだわりの日本酒も充実の品揃え。梅酒やゆず酒といった土佐の果実酒もあり、女性も楽しめること間違いなしです。飲み放題付きのコース料理もあり、会社の宴会などでも重宝するはず。仕事仲間や、飲み友達、女子会などシーンを選ばず楽しめるのも魅力です。

東京メトロ千代田線の赤坂駅1番出口からすぐ、歩いて1分のところにあります。銀座線・南北線の溜池山王駅からなら5分、銀座線・丸ノ内線の赤坂見附駅からでも4分と、アクセス抜群。提灯や看板も掲げられているので、初めての方にも分かりやすいはず。
高知に行った気分で、ご当地自慢の味を堪能してみてはいかがでしょうか。

スポット情報

わらやき屋 赤坂

わらやき屋 赤坂

東京都港区赤坂3-12-3 コンチネンタル赤坂V

03-3568-1340

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事