おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.05.26 | 公開 2018.05.26

日本でココだけ! 「レストラン ストックホルム」で本場スウェーデンの味を満喫

スウェーデン料理と聞いて、ピンとくるメニューはありますか? 東急プラザ赤坂1Fにある「restaurant Stockholm(レストラン ストックホルム)」は、スウェーデンの伝統料理をブッフェ形式で楽しめます。店内には日本人がまだ知らないスウェーデンの美味しい魅力がたくさん。中でも絶対に外せない3品をご紹介します。

スウェーデン伝統料理のスモーガスボードを広めたい

日本でココだけ! 「レストラン ストックホルム」で本場スウェーデンの味を満喫の1番目の画像

東急プラザ赤坂1階にある「restaurant Stockholm(レストラン ストックホルム)」は、日本で唯一となるスウェーデン料理専門のブッフェレストランです。
スウェーデンの伝統料理をブッフェスタイルで楽しむ「スモーガスボード」。1700年代から始まったとされる歴史あるスモーガスボードという食を通して、まだ知られていないスウェーデンの魅力を発信することも目的としています。
お店が誕生した背景にはスウェーデン王室が大きく関係しています。1970年の大阪万博で来日した当時のスウェーデン王子が、姉妹店である神戸のフレンチレストランをお気に召し、新たな店舗としてこの店が誕生しました。

食べ過ぎ注意! 美味しすぎる魅惑の定番料理

日本でココだけ! 「レストラン ストックホルム」で本場スウェーデンの味を満喫の2番目の画像

北欧料理の代表格とも言える「ヤンソンの誘惑」。ヤンソンの誘惑とは、ジャガイモとアンチョビをクリーム煮した料理です。生クリームやチーズ、バターを使ってグラタン風に焼き上げたこの料理は、美味しいだけでなく高カロリー。
ついつい食べ過ぎてしまうほど美味しいということで、ヤンソンの誘惑というユニークなネーミングになったそうです。アンチョビとチーズに塩気が効いており、お酒のお供にもピッタリ。

ミートボールを食べずしてスウェーデンは語れない

日本でココだけ! 「レストラン ストックホルム」で本場スウェーデンの味を満喫の3番目の画像

ミートボールと聞くと、日本ではお弁当のおかずや子どものメニューのイメージが強い料理でしょう。しかし「スウェーデン風ミートボール」というほど、スウェーデンでは欠かすことができない伝統料理です。
日本との大きな違いは、ジャムと一緒に食べること。ミートボールはジャムに付けて食べるのがスウェーデン流の食べ方です。実はこのジャム、それほど甘くありません。程よい酸味のリンゴベリー(こけもも)ジャムが、4種類の肉をブレンドしたオリジナルミートボールの後味をさっぱりとさせてくれます。

スウェーデンの夏の味、ザリガニ料理に挑戦!

日本でココだけ! 「レストラン ストックホルム」で本場スウェーデンの味を満喫の4番目の画像

珍しい料理が並ぶ中、ひと際異彩を放つ「北海道阿寒湖産 ザリガニの塩茹で」。夏の時期だけに食べられるスウェーデンの風物詩的な一品です。
北海道の大自然・阿寒湖で獲れた新鮮なザリガニを、生きたまま塩茹でにしただけのシンプルな料理ですが、プリプリの食感のザリガニの身は旨味が凝縮されています。日本ではなじみがない食用ザリガニ、ぜひ挑戦してみてください。なおランチタイムでは別オーダーとなります。

大勢にスウェーデンの料理や文化を知ってもらいたい

日本でココだけ! 「レストラン ストックホルム」で本場スウェーデンの味を満喫の5番目の画像

スウェーデンの伝統料理を通じてスウェーデンの良さを広く知ってもらおうと、北欧雑貨の販売も行っています。それだけにとどまらず、スウェーデン大使館へのケータリングや、大使館で開催されるイベントにも意欲的に参加。
店内には女性客やファミリー層が多く、30~60代と幅広い年代の方が訪れています。週の前半は比較的空いているので狙い目。時間に余裕がある方はぜひ混雑時を外してご利用ください。今後は団体客に向けた料理形態や貸切にも対応していくようです。

東京メトロ各線の赤坂見附駅、永田町駅から歩いて1分の距離。北欧風のイラストなどで装飾された外壁が目印です。お店は東急プラザ1Fにあるので、非常に分かりやすいでしょう。
日本ではまだなじみの浅いスウェーデンの伝統料理を、たっぷりと味わってみてください。

スポット情報

restaurant Stockholm

restaurant Stockholm

東京都千代田区永田町2-14-3 東急プラザ赤坂 1F

03-3509-1677

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事