おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.08.02 | 公開 2017.08.02

トロ~リとろとろ。口福すぎる「和菓子 isshin」の絶品わらび餅

大阪・堺筋本町にある「和菓子 isshin(いっしん)」。全国各地にファンを持っている「いっしん」は、今まで食べたことのない、新感覚のわらび餅が味わえるお店です。お店の看板商品は、とろける食感が魅力のわらび餅。多くの人に愛されている「いっしん」の魅力を、たっぷりとご紹介します。

午前中に売切れることも! いっしんの絶品わらび餅

トロ~リとろとろ。口福すぎる「和菓子 isshin」の絶品わらび餅の1番目の画像

大阪・堺筋本町にある「和菓子 isshin(いっしん)」の外観は、白と木目を基調としたシンプルで落ち着いた雰囲気。「isshin」と書かれた大きな看板が目印です。店内は、まるでギャラリーのようにわらび餅や和菓子たちが並べられています。

カウンター席があり、持ち帰りだけでなく、その場でわらび餅などを味わうことができます。カフェタイムは12:00からですが、テイクアウトのお客さんで混雑している場合はお休みになるこもあります。売り切れ次第終了になるので、早めにお店に行くのがおすすめです。

温かい気持ちが込められたわらび餅

トロ~リとろとろ。口福すぎる「和菓子 isshin」の絶品わらび餅の2番目の画像

京都で修行をする傍ら、合間を見ては和菓子の展示会に行っていた「isshin」のオーナー。展示会で人と人との温かい繋がりの中から生まれたのが「isshin」独自の新感覚わらび餅です。

本わらび粉に蓮子(はすこ)を混ぜることで、冷えても柔らかい触感が楽しめます。少し温めてトロ~リ食感を楽しむもよし、冷凍してアイスのような食感を楽しむのもよし。気分にあわせて、食べ方を変えるのもおすすめです。

わらび餅の王道といえばやっぱり「きなこ」

トロ~リとろとろ。口福すぎる「和菓子 isshin」の絶品わらび餅の3番目の画像

「isshin」独自のトロ~リとしたわらび餅に、たっぷりかかった香ばしいきな粉がたまらなくおいしい一品が「わらび餅 深煎りきなこ(620円)」です。お店の看板でもあるきな粉は岡山の備中から取り寄せており、オリジナルブレンドで造られています。

これでもかというくらい、贅沢にかかったきな粉のわらび餅。こだわりのわらび餅ときな粉のコラボレーションをぜひ味わってみてください。

香り高い「宇治抹茶」で和の雰囲気

トロ~リとろとろ。口福すぎる「和菓子 isshin」の絶品わらび餅の4番目の画像

和菓子を代表とするフレーバーと言えば「宇治抹茶」。トロ~リとした「isshin」のわらび餅に、濃厚で風味豊かな宇治抹茶が合わさった、「わらび餅 宇治抹茶(620円)」です。鼻から抜けるような香り高い宇治抹茶と、わらびもちのコラボレーションを楽しんでみてください。

「isshin」で取り扱っているわらび餅のフレーバーは、全部で8種類。おすすめのわらび餅はもちろん、全フレーバーを制覇してみてはいかがでしょうか。

わらび餅のほか、大福も手土産にもおすすめ

トロ~リとろとろ。口福すぎる「和菓子 isshin」の絶品わらび餅の5番目の画像

新感覚のわらび餅は、そのまま常温で食べてもおいしく、冷凍したり温めたりするとまた違った食感が味わえます。お店の看板商品であるわらび餅の他に、大福などの和菓子もあります。手土産や、ちょっとしたカフェタイムにも。

OsakaMetro堺筋線・中央線の堺筋本町駅の3番出口から、歩いて5分ほどの場所にあります。遠方からのお客さんも多い「isshin」。長時間かけて、じっくりと丁寧に作られたわらび餅を、ぜひ堪能してみてください。

スポット情報

和菓子 isshin

和菓子 isshin

大阪府大阪市中央区北久宝寺町1-2-14 トチノビル 1F

06-6267-5022

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事