おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.05.01 | 公開 2018.05.01

和食好き集まれ!福寿園と"日本一予約が取れない名店"くろぎのコラボ店「くろぎ茶々」

大人の集う銀座で、和のプロフェッショナル達が生み出す特別な時間を味わうことができます。寛政2年創業の老舗茶舗「福寿園」と、半年先まで予約がとれないミシュラン獲得の日本料理店「くろぎ」がコラボレーション! 都心にいることを忘れさせる、職人が紡ぎ出す和の空間は見逃せません。

銀座に誕生した、和の神髄を感じさせる空間

和食好き集まれ!福寿園と"日本一予約が取れない名店"くろぎのコラボ店「くろぎ茶々」の1番目の画像

オープン当初から、豪華なテナントラインナップが話題となったGINZA SIX。その地下2階にある和の趣があふれる外観のお店が「くろぎ茶々」です。
のれんをくぐってお店に入ると、茶室をイメージした畳のカウンターが出迎えてくれます。割烹スタイルによって、職人とゲストが会話を楽しめる距離感。都会の喧騒から隔離された、別世界のような空間です。

世界に名高い和の最高峰がコラボレーション

和食好き集まれ!福寿園と"日本一予約が取れない名店"くろぎのコラボ店「くろぎ茶々」の2番目の画像

日本を代表する和のプロフェッショナルの共演が実現しました。「くろぎ」は予約のとれない人気店として名高く、2017年3月には湯島から芝大門に席数を減らす形で移転し、その料理のプレミアム感は更に高められました。
くろぎの料理とともに提供されるのが「福寿園」のお茶。言わずと知れた、京都発祥のお茶の老舗です。「福寿園」のお茶を贅沢に使ったスイーツも注目を集めています。

「くろぎ」の人気メニュー「鯛茶漬け」が楽しめる

和食好き集まれ!福寿園と"日本一予約が取れない名店"くろぎのコラボ店「くろぎ茶々」の3番目の画像

世界の名だたる和食通に愛された「くろぎ」のメニューのひとつが《鯛茶漬け》です。このお店では「くろぎ」の《鯛茶漬け》を味わうことができます。
主役の鯛は、築地からその日の鮮度の高い品を仕入れています。味の決め手となるゴマだれは、深煎りした香ばしい胡麻に濃いめのしょうゆベース。ご飯と鯛がおかわりできるのも、贅沢かつ嬉しいポイントです。

2層の対比が美しい大人気抹茶スウィーツ「常葉-白練-」

和食好き集まれ!福寿園と"日本一予約が取れない名店"くろぎのコラボ店「くろぎ茶々」の4番目の画像

連日売り切れの大人気スウィーツ「常葉-白練-」も畳のカウンターで味わうことができます。上半分が抹茶色、下半分は白色の2層で構成されており、四角い和風プリンのようなつるんとした見た目。
「福寿園」の抹茶が贅沢に使われた葛羹の上層部と、クリームチーズの下層部が生み出すハーモニーは絶品です。しっとりもちもちの食感は、1度食べるとやみつきになります。テイクアウトも可能。銀座の新たなお土産品としても愛されています。

和の匠の心遣いが細部まで息づく、とっておきのお店

和食好き集まれ!福寿園と"日本一予約が取れない名店"くろぎのコラボ店「くろぎ茶々」の5番目の画像

日本料理界を代表する「くろぎ」の料理と共に、「福寿園」のお茶を楽しめる特別な空間。料理とお茶の相乗効果を、至極の空間で味わうことができます。
お店には、連日多くの人が訪れますが、それでも都会の喧騒を忘れられる空間であり続けられるのは、カウンター5席のみというこだわりの店構えだからこそ。季節やお茶の種類によって表情を変える食器など、細部にまで和の匠の心遣いが伺えます。
東京メトロ各線銀座駅から徒歩2分。GINZA SIX地下2階にあるお店です。最上級の素材を、最高の技術で楽しむことのできる空間。和食通ならずとも、「くろぎ×福寿園」のコラボは見逃せません。

スポット情報

くろぎ茶々

くろぎ茶々

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2F

03-6264-5754

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事