おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年08月12日更新

希少部位を満喫! 「しもふらん」で厳選された極上黒毛和牛の創作焼肉に悶絶

聖蹟桜ケ丘にある「しもふらん」は、黒毛和牛を中心とした赤身肉を味わうことができる本格創作焼き肉店。自家製ベーコンや新鮮なホルモン、赤身の希少部位など他の店ではなかなか食べることが難しいお肉が勢ぞろい。デートや接待にもぴったりの「しもふらん」のおいしさの秘密をご紹介します。

木目調のテーブルで統一された落ち着いた空間

希少部位を満喫! 「しもふらん」で厳選された極上黒毛和牛の創作焼肉に悶絶の1番目の画像

お店は木目調で統一。入口のドアにも木枠が使われており、店名はローマ字で表記され、一見するとお洒落なカフェのような外観。店内もアイボリーを基調とした木目で統一され、スタイリッシュな雰囲気です。
間接照明も相まった、お洒落な大人の空間は、デートや接待にもぴったり。席を連結すれば、大人数の宴会にも対応可能です。

味にごまかしのきかない赤身肉で肉好きの舌を唸らす

希少部位を満喫! 「しもふらん」で厳選された極上黒毛和牛の創作焼肉に悶絶の2番目の画像

店名の由来は、霜降らん=霜降りには頼らないという意味。赤身肉は味にごまかしがきかないので、厳選したものでないと味に違いが出てしまいます。
霜降り肉も人気ですが、赤身肉を好む肉好きさんも多いため、「しもふらん」は特に赤身肉にこだわりを持っているのです。ヘルシー部位代表のハラミは、お店が特に自信をもつ一品。

希少部位を使った「トモサンカクの炙り寿司」は絶品!

希少部位を満喫! 「しもふらん」で厳選された極上黒毛和牛の創作焼肉に悶絶の3番目の画像

厳選された赤身肉を使った料理はどれも絶品ですが、中でも「トモサンカクの炙り寿司」はぜひ食べていただきたいオススメの一品。
シンタマという、もも肉の中の希少部位であるトモサンカクは、他の店ではあまり食べることができません。炙ることで適度に脂が溶け出し、口に入れた瞬間に旨みのある肉汁が溢れ口いっぱいに広がります。シャリとの相性も抜群です。

肉の旨みをしっかり味わえる「黒毛和牛オーブン焼き」

希少部位を満喫! 「しもふらん」で厳選された極上黒毛和牛の創作焼肉に悶絶の4番目の画像

もも肉の一番柔らかい部位であるシンシンを塊のまま、専用のオーブンに入れ丁寧に焼き上げた、「黒毛和牛オーブン焼き」は、しもふらんの看板メニュー。オーブンでじっくり焼くことで、肉汁を外に逃がさず肉の旨みをぎゅっと閉じ込めます。
肉本来の旨味を楽しむために味付けはシンプルに、タスマニア産のマスタードとフランス産ワイン塩がおすすめです。フレッシュ感のある肉汁を堪能できます。

煙と臭いが出ないロースターでお肉料理を堪能できる

希少部位を満喫! 「しもふらん」で厳選された極上黒毛和牛の創作焼肉に悶絶の5番目の画像

「しもふらん」が使用しているロースターは、煙を吸いだすのではなく、煙を発生させないという特別仕様。焼き肉屋さんを出た後は、臭いを気にする人が多いですが、このお店では特別仕様のロースターのおかげで強い臭いがつく心配はありません。
他にも、予約時に相談すると、築地から魚介を仕入れたり、サプライズでケーキを用意したりと、お客さんの要望に答えてくれる優しいお店です。
京王線の聖蹟桜ケ丘駅東口を出て徒歩約3分。駅前という好立地なので、デートや接待にもぴったりです。焼肉屋には見えないようなお洒落で落ち着いた空間で、極上肉を味わえます。肉に合うお酒も多数揃った「しもふらん」、ぜひ一度訪れてみてください。

スポット情報

しもふらん

しもふらん

東京都多摩市関戸2-40-17 第二セントラルビル 1F

042-400-7419

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング