おでかけ動画マガジン

レジャー・その他

2017年08月10日更新

超体感型メディアアート! ゲーム感覚で光と遊べる展覧会が「魔法の美術館」で開催中

大阪・天保山で開催される「魔法の美術館」は、見て・参加して・楽しむ、体感型の展覧会です。開催期間は、2017年7月15日(土)~9月3日(日)まで。コンピューターが進化してきた現代は、コンピューターを使用して創作活動を行うアーティストも増えてきました。それがメディアアートと呼ばれ、体感型アートへと進化して来た今回の展示の見どころを紹介します。

光で遊べるのが魅力! 超体感型ミュージアム

超体感型メディアアート! ゲーム感覚で光と遊べる展覧会が「魔法の美術館」で開催中の1番目の画像

大阪・天保山で開催される「魔法の美術館」は、子どもはもちろん大人までも直観的に楽しめ、日本を代表する気鋭のアーティストたちが創り出したものばかりです。
未来のアート作品として表現しており、アートがわからない、アートが苦手と感じている方でも大丈夫です。まずは自身が作品の中で体感する事、それが1番楽しめる方法になります。

光・影・映像・音の演出には驚きと笑顔が溢れる

超体感型メディアアート! ゲーム感覚で光と遊べる展覧会が「魔法の美術館」で開催中の2番目の画像

特に関西初登場の作品には注目が集まります。ピカソになったような気分になれる「.hito」。この作品は、椅子に腰かけた瞬間に自分がキュビズム的な姿に変身します。「ensemblesilhouette」は、新しい合奏がテーマ。流れる五線譜、そこへ星のシルエットを置くと様々なメロディーが流れます。
「TRANSFORM」は親子で楽しむのにおすすめです。部屋がそれぞれ1人では完結できないようになっているのがポイント。物語性が大切にされていて、次の人が楽しむのを助けなければスタート出来ない仕組みになっています。どの作品も新しい発見があり、興味深いものばかりです。

ゲーム感覚で遊びながら楽しめるのが魅力!

超体感型メディアアート! ゲーム感覚で光と遊べる展覧会が「魔法の美術館」で開催中の3番目の画像

前回大人気だった作品「SplashDisplay」が登場。作品の中には、白くて小さなビーズが敷き詰められています。その中で動いている的に向かって玉を投げ、的中すると光の粒が爆発したように見える瞬間が驚きです!
この作品を綺麗に撮影するポイントは、まず露出補正はマイナスに設定。人と一緒に撮る場合は、顔を近づけて貰います。是非挑戦してみてください。

その一瞬を楽しんで! 同じ絵は二度と見られない

超体感型メディアアート! ゲーム感覚で光と遊べる展覧会が「魔法の美術館」で開催中の4番目の画像

「七色小道」も前回大好評の作品です。一見ただの通路のように見えますが、人がその上を歩く事によって色んな仕掛けが動き出します。人の周りから様々な色や光が溢れ出し、他の人が動き出す色と混ざり合っていくのが人気の理由。魔法のような世界観を意識して作られたこの作品は、上から下に向けて撮影するのがポイントです。

数々のアーティストが創った作品は全て撮影可能!

超体感型メディアアート! ゲーム感覚で光と遊べる展覧会が「魔法の美術館」で開催中の5番目の画像

全ての作品が撮影可能なので、SNSにもどんどん投稿できます。その瞬間を楽しみつつ、後で撮影した写真や映像を見た時には更に驚きが倍増するでしょう。ほとんどの作品は、参加型。人の動きに合わせて、様々な色の光・影のモチーフ・映像・音楽が変化していく様子をお楽しみください。まるで作品と会話しているかの様な感覚が味わえます。
「魔法の美術館」を開催している、大阪文化館・天保山。地下鉄中央線の大阪港駅で下車し1番・2番出口から徒歩5分のところにあります。目印は海遊館で、ちょうど隣に位置しますのでわかりやすいです。この夏の思い出作りに、ぜひおでかけしてみてはいかがでしょうか?

イベント情報

魔法の美術館 見て、ふれて、遊べる体感型アート

魔法の美術館 見て、ふれて、遊べる体感型アート

2017年07月15日 〜 2017年09月03日

大阪府大阪市港区海岸通1-5-10 大阪文化館・天保山

03-5777-8600(ハローダイヤル)

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「レジャー・その他」に関する人気記事ランキング