おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.07.01 | 公開 2018.07.01

各種メディアでも多く取り上げられる、話題の沖縄料理店「吉崎食堂 久茂地本店」

「吉崎食堂 久茂地本店(よしざきしょくどう くもじほんてん)」は那覇市にある、沖縄家庭料理のお店。ゴーヤチャンプルなどの沖縄料理といって思い浮かぶメニューはもちろん、沖縄食材を使った串焼や琉球在来の島豚「アグー」を使ったお酒と一緒に楽しみたいメニューも豊富です。地元の人にも愛される、「吉崎食堂 久茂地本店」を紹介します。

古民家風の外観と活気あふれるオープンキッチン

各種メディアでも多く取り上げられる、話題の沖縄料理店「吉崎食堂  久茂地本店」の1番目の画像

那覇市にある「吉崎食堂 久茂地本店(よしざきしょくどう くもじほんてん)」は、沖縄家庭料理店です。石畳の階段に提灯が並び、白い看板に大きく書かれた「吉崎食堂」の文字が目印。
レトロなすりガラスの入った扉を開け、靴を脱いで上がる店内には、中央にオープンキッチンがあり、キッチンから全体を見渡せる造りになっています。カウンターの上には食材や料理がところ狭しと並んでおり、木の温もりを感じるカウンターとテーブル席が合わせて50席ほどです。

家族旅行中にも嬉しい赤ちゃん・子連れ歓迎のお店です

各種メディアでも多く取り上げられる、話題の沖縄料理店「吉崎食堂  久茂地本店」の2番目の画像

せっかくの沖縄旅行、子連れでも沖縄料理を楽しめるお店を探しているなら、「吉崎食堂」はぴったりです。個室はありませんが、掘りごたつのテーブル席でゆっくり過ごせます。子供用椅子や食器の用意もあり、必要であれば離乳食を持ち込むことも可能です。
カウンター席とテーブル席の一部が禁煙となっており、喫煙所は縁側の設けられていて、分煙もきっちりされています。

暑さを吹き飛ばす、「アグー豚ラー油鍋」を堪能!

各種メディアでも多く取り上げられる、話題の沖縄料理店「吉崎食堂  久茂地本店」の3番目の画像

琉球在来の島豚である「アグー豚」を使用した、「アグー豚ラー油鍋」(2人前~)がイチオシです。雑誌やテレビなどでも話題となった自慢の品で、鶏ガラ出汁のコクと自家製食べるラー油のピリ辛さのコラボで、辛いだけでない旨みを作りだしています。
具材はアグー豚の他にもやしやニラ、キャベツ、豆腐などが入っており、栄養満点です。寒い日はもちろんですが、暑い夏こそアツアツ鍋を食べて、パワーアップしてしましょう。

あらかじめの予約が安心。団体ならコースもあります。

各種メディアでも多く取り上げられる、話題の沖縄料理店「吉崎食堂  久茂地本店」の4番目の画像

メディアでも多く取り上げられる人気店で、ピーク時には満席になってしまうことが多いので、あらかじめ電話予約しておくことがおすすめです。団体での利用になれば、予算に応じた料理のコースメニューがあります。
飲み放題も、ドリンクのメニューによって、数種類用意があるので、宴会のメンバーや好みに合わせられることが可能です。時期によっては、ネットで割引のクーポンが手に入ります。

観光客にも地元の人にも愛される南の島の居酒屋

各種メディアでも多く取り上げられる、話題の沖縄料理店「吉崎食堂  久茂地本店」の5番目の画像

「吉崎食堂」おすすめ食材であるアグー豚は、ラー油鍋だけでなく、串焼きやメンチカツでも味わえます。他にも「グルクンの挟み揚げ」や「ざるもずく」など、沖縄の食材を豊富に使った料理を味わえるお店です。
県外からの観光客はもちろん、県内の人が接待に使ったり、宴会に使ったりと地元の人にも多く利用されています。ぜひ、琉球在来島豚「あぐー」や、沖縄家庭料理を味わいに、吉崎食堂を訪れてみてください。
お店は、モノレール県庁前駅徒歩すぐのところにあります。車の場合は国道58号線、久茂地交差点の側にあるホテルサンパレスの1階です。国際通りから徒歩1分なので、観光後の疲れた体を「オリオンビール」で癒してください。

スポット情報

吉崎食堂 久茂地本店

吉崎食堂 久茂地本店

沖縄県那覇市久茂地2-5-1 ホテルサンパレス1F

098-863-8246

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事