おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.05.28 | 公開 2018.05.28

大人の隠れ家で優雅な時間を。身体にやさしいフレンチが味わえる「NouvellePousse」

札幌市の西18丁目にある「NouvellePousse(ヌーベルプース)」。優雅な時間が過ごせる、大人な雰囲気の店内と本格フレンチが魅力のお店。身体にやさしい絶品料理が、訪れる人の舌をうならせます。隠れ家風の店内でおいしい料理が味わえる、フレンチレストランのご紹介です。

こだわりの空間づくり! 訪れる人々のやすらぎを演出

大人の隠れ家で優雅な時間を。身体にやさしいフレンチが味わえる「NouvellePousse」の1番目の画像

淡いベージュを基調にした外観は、窓枠やドアなどの部分的に使われたダークブラウンがアクセント。2色のカラーコントラストでメリハリをつけていますが、やさしい雰囲気を感じる外観となっています。ドア横に配置された看板には、店名と若葉のモチーフが描かれています。
店内の雰囲気は、「時間を忘れるアットホームな温もり」がコンセプト。ブラウン系でまとめたカウンターやテーブルチェアに、鮮やかなイエローグリーンのクロスを合わせています。

身体にやさしいフレンチで人々の支持を集めるお店

大人の隠れ家で優雅な時間を。身体にやさしいフレンチが味わえる「NouvellePousse」の2番目の画像

「ヌーベルプース」を訪れる客層は、年配の方がメイン。身体を気遣った料理が味わえるということで支持を集めています。自慢のフレンチにはこだわりの素材を使用。産地を限定した素材の組み合わせが、絶妙なハーモニーを実現している料理です。
身体への影響を気遣いながら、絶品フレンチを堪能できるお店で、「多くの人にフレンチのおいしさを知ってほしい」という、シェフの想いが料理に込められています。

見た目も味も満足できる、シェフ自慢の充実コース

大人の隠れ家で優雅な時間を。身体にやさしいフレンチが味わえる「NouvellePousse」の3番目の画像

「季節を感じるシェフ自慢のコース」は、前菜・メイン・デセールのそれぞれでフレンチのおいしさを味わえます。前菜は「北海道産野菜のバロンティーヌ」。鮮やかな色合いが美しい一品です。
メインの「恵庭産雪国放牧スペアリブのプレゼ」は、ジューシーなお肉に香草の風味が効いています。デセールは「藁に見立てた抹茶のムース 自家製アイスクリーム添え」で、見た目と味にこだわった季節感のあるコースです。

リーズナブルに楽しみたい人はランチに注目

大人の隠れ家で優雅な時間を。身体にやさしいフレンチが味わえる「NouvellePousse」の4番目の画像

フレンチに対して敷居の高いイメージがある人は、ランチで訪れてみてください。「ヌーベルプース」のランチはディナータイムと比べるとリーズナブルな価格設定なので、より気軽に挑戦できます。贅沢な気分を味わいたいときのランチにぴったりです。
ランチで料理のおいしさを実感したら、次はディナーで訪れるといいでしょう。昼間とは違うメニューとお店の雰囲気が楽しめます。

身体へのやさしさに配慮しながら、美しい盛り付けを

大人の隠れ家で優雅な時間を。身体にやさしいフレンチが味わえる「NouvellePousse」の5番目の画像

「ヌーベルプース」の料理のこだわりは、身体へのやさしさだけではありません。訪れる人々の食欲をそそり、印象に残すための美しい盛り付けもこだわりポイントです。野菜の色合いを生かした盛り付けでは、赤と緑など、付け合わせやソースで色に変化を持たせています。野菜本来の色味を生かした盛り付けに、心も安らぎます。
地下鉄東西線の西18丁目駅5番出口から徒歩6分の位置にあります。知事公館向かいにあるレストランなので、初めて訪れる人でも迷いにくい場所です。絶品フレンチを味わいたいときは、ぜひ足を運んでみてください。

スポット情報

Nouvelle Pousse

Nouvelle Pousse

北海道札幌市中央区北一条西15-1-3 大通ハイム1F

011-887-7891

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

おすすめの記事