おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2018.04.17 | 公開 2018.04.17

はんなり和装美人のススメ。必見!「着付けのNG」を知って素敵に着こなそう

浴衣や着物は、清楚でより女性らしく見える装いです。和装で「はんなり美人」を目指すべく、特に気をつけたい、和装にふさわしくないNG集を集めてみました。

和装は着こなしにもルールがある!

はんなり和装美人のススメ。必見!「着付けのNG」を知って素敵に着こなそうの1番目の画像

着物や浴衣は、着るだけで女性を3割増しで美しく見せてくれるとも言われています。そんな和装も、きちんと着こなせていなければ魅力も半減です。和装を綺麗に着こなすためには実はいくつかのルールがあります。しっかりコツをつかんで和装美人を目指しましょう。

衿合わせで気を付けたい! 左前はNG!

はんなり和装美人のススメ。必見!「着付けのNG」を知って素敵に着こなそうの2番目の画像

和装の着付け時のポイントの一つになるのが、衿合わせです。左を上にするか右を上にするか、きちんと決まりがあります。正しい衿合わせは、左を上にする右前です。
体に近い方を前と呼ぶので、混乱してしまいそうですが、和装の着付けマナーの中でも基本中の基本なので、しっかり確認をしてから着付けをするのが鉄則です! 着物に比べてカジュアルな印象の浴衣でも、しっかり和装のルールを守りましょう。

衣紋は抜けていなくても抜けすぎてもNG

はんなり和装美人のススメ。必見!「着付けのNG」を知って素敵に着こなそうの3番目の画像

「衣紋を抜く」とは、衿の後ろを少しずらして着物や浴衣を着ることです。そうすることで、より女性らしい着こなしになります。衣紋を抜かないのもおかしいですし、抜きすぎても品がなく見えてしまいます。
目安は、首から衿まで、こぶしひとつ分ほど間隔をあけるくらい。また、衣紋をほどよく抜いていても、着ているうちにだんだん詰まってくることもあるので、こまめに鏡などでチェックするのがおすすめです。着付け時から衣紋を意識しておくと、着崩れ防止になります。

NGな裾の長さはどの長さ?

はんなり和装美人のススメ。必見!「着付けのNG」を知って素敵に着こなそうの4番目の画像

着付けの時点で決まってしまう裾の長さにも、きちんとしたルールがあります。裾が長すぎても短すぎてもNGなので、注意が必要です。ベストな裾の長さは、くるぶしが隠れる程度。
夏の装いでもある浴衣は、若干短めで着こなすこともありますが、短くなりすぎないよう、注意する必要があります。帯を締めると若干裾が上がるので、着付けるときには、少し長めを意識するのがキレイに着こなすコツです。

和装にアクセサリーはNG?

はんなり和装美人のススメ。必見!「着付けのNG」を知って素敵に着こなそうの5番目の画像

いつもとはちょっぴり違う、はんなりとした気分にさせてくれる和装。全体的にすっきりとした印象の和装では、ついアクセサリーをつけたくなりますが、派手なアクセサリーをつけてしまうのはNGです。揺れるイヤリングや、ピアスなどは極力つけないほうがいいでしょう。
シンプルな指輪くらいは、許される範囲と言われています。季節感のある髪飾りで、おしゃれを楽しむのが和装の楽しみ方です。

知っているようで、実は知らないことも多い和装のルール。基本的なことを覚えて、はんなり和装美人を目指しませんか? きちんとNGルールを把握しておけば、和装姿でどこへ出かけても恥ずかしい思いをせずに済みます。もちろん浴衣デートにも、バッチリ活かせる知識です。ぜひ参考にして、この夏は素敵な和装姿でお出かけしてみてください。
監修:株式会社ハクビ

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事