おでかけ動画マガジン

レジャー・その他

2017年08月25日更新

10/9まで上野で開催中! 「ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション」

上野・東京都美術館にて10月9日(月・祝)まで開催中の<ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション>。古代エジプト美術から現代美術まで、古今東西の美術作品が一堂に会する特別展をご紹介します。

ツタンカーメンから村上隆まで…ボストン美術館の至宝が登場

10/9まで上野で開催中! 「ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション」の1番目の画像

(写真左)フィンセント・ファン・ゴッホ《郵便配達人ジョゼフ・ルーラン》1888年、(右)フィンセント・ファン・ゴッホ《子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人》1889年

何世代もの偉大なコレクターたちに支えられ、卓越した美術作品を収蔵するボストン美術館。北米で一番歴史のある美術館から、古代エジプトや中国美術、日本美術、はたまたフランス絵画やアメリカ絵画、版画・写真、現代美術といった珠玉の美術作品80点が堂々来日しました。

<ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション>は、上野の東京都美術館で開催中。東京会場での会期は2017年7月20日(木)〜10月9日(月・祝)となっています。巡回展となる本展は、東京会場の後、神戸、名古屋へと場所を移し開催予定です。まるで美術の百科事典、ボストン美術館のエッセンスをぎゅっと凝縮した貴重な機会を見逃すことなかれ。

初里帰りの涅槃図やゴッホの傑作も大注目

10/9まで上野で開催中! 「ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション」の2番目の画像

まず注目したいのが、本展で初めての里帰りを果たした、英一蝶(日本 1652-1724)の《涅槃図》(1713)です。
横たわる釈迦の周りで生きとし生けるものすべてが感情豊かに嘆き悲しむ様子を描いた本作は、1911年にボストン美術館コレクションに収蔵されました。そして2016年8月から2017年5月まで大規模な修理が施され、その彩りを今に伝えます。古来の伝統を今の技術者が後世に残してゆく、大きな営みを細部までじっくりとご覧あれ。

10/9まで上野で開催中! 「ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション」の3番目の画像

そしておなじみフィンセント・ファン・ゴッホ(オランダ 1853-1890)の描いたルーラン夫妻の肖像もそろって来日。
ゴッホの親しい友人であったジョゼフ・ルーランをはじめ、ゴッホはその家族をモデルに20点以上もの肖像を描いたといいます。その中から《郵便配達人ジョゼフ・ルーラン》(1888)と《子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人》(1889)の傑作2点が満を持してやってきました。

10/9まで上野で開催中! 「ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション」の4番目の画像

(写真左)クロード・モネ《ルーアン大聖堂、正面》1894年、(右)クロード・モネ《アンティーブ、午後の効果》1888年

他にもお馴染みのモネの睡蓮といった印象派の絵画や、近代的な手法を用いた写真コレクション、今日も根強い人気を誇るアンディ・ウォーホルなど、見どころを挙げれば尽きることはない本展。美術ファンは垂涎間違いなし!

取材・文/おゝしろ実結

イベント情報

ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション

ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション

2017年07月20日 〜 2017年10月09日

東京都台東区上野公園8−36 東京都美術館 企画展示室

03-5777-8600

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「レジャー・その他」に関する人気記事ランキング