おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

2018年06月05日更新

人と被らない帯結びアレンジ!華やかな「リボン重ね」を習得しよう

夏になると、花火大会やお祭りなど浴衣を着る機会が何度かあります。この記事では帯結び「リボン重ね」をご紹介します。帯の結び方をいくつか覚えておくと雰囲気がぐっと変化し、着こなしのバリエーションが増えます。

帯の結び方に変化をつけて浴衣を楽しもう

人と被らない帯結びアレンジ!華やかな「リボン重ね」を習得しようの1番目の画像

浴衣を着るとき毎回同じ帯結びをしていませんか?浴衣や帯を何着も持っていなくても、帯の結び方を変えるだけで違った印象を楽しめます。
帯の結び方は、「文庫結び」以外にも、落ち着いた雰囲気の「変わり矢の字」やリボンのかたちがかわいい「ほおずき」、華やかな印象の「リボン重ね」など豊富です。
浴衣を賢く綺麗に着こなすために、帯の結び方をいくつか習得しましょう。出かける相手や場所によって帯の結び方を変えれば、女性としての品格が上がります。

ぎゅっと結んで型崩れを防止

人と被らない帯結びアレンジ!華やかな「リボン重ね」を習得しようの2番目の画像

毎回「文庫結び」で、そろそろ違う結び方にチャレンジしてみたい、という人におすすめなのが「リボン重ね」です。ボリュームが出るので、ぐっと華やかな印象になります。
「ぎゅっ 」と帯を締めることで、型崩れしにくくなるので、少し苦しいと思うくらいきつめに結んでおきましょう。まず、手先を30㎝とります。帯をひとまきしたら、ぎゅっと締めます。しっかり締めておくことが大切です。
もうひとまきしたら、再びぎゅっと締めましょう。ここで、とっておいた手先を上にして、一度結びます。このときもぎゅっと結ぶことを忘れずにしましょう。

ゴムを使って型崩れを防止

人と被らない帯結びアレンジ!華やかな「リボン重ね」を習得しようの3番目の画像

続いて、羽を3枚作りましょう。少しずつ長さを変えて上にくる羽を短めに作ることが、形を綺麗に仕上げるポイントです。中心でひと山つくり、ゴムで結びましょう。ゴムは使わなくてもできますが、ゴムを使うことで、型崩れしにくくなるのでおすすめです。
残っている手先をとめたゴムに被せるようにひとまきして引き抜きます。あとは、できた結び目を背中に回せば完成です。羽の長さを左右で変えてみるのもおしゃれですよ。
裏表両面の帯が表面に出てくるので、色のコントラストがはっきりしていると綺麗に映えます。

この記事では、ぐっと華やかになる帯の結び方「リボン重ね」を紹介しました。ポイントは「ぎゅっ」と結ぶこと、ゴムを使うことです。型崩れを防げば、電車や会場の混雑も怖くありません。
様々な帯の結び方を習得して、おしゃれに浴衣を楽しみましょう。帯の結び方のレパートリーを増やして、「文庫結び」以外にもチャレンジしてみてください。
監修:株式会社ハクビ

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング