おでかけ動画マガジン

ホテル・宿

2017年09月06日更新

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」で楽しむりんごづくしのおすすめ絶品スイーツ3選

青森にある「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」。こちらにあるレストラン「青森りんごキッチン」や、「ラウンジ 森の神話」で楽しめるスイーツは、どれも絶品で見た目にも可愛らしいものばかり。今回はオリジナルスイーツをご紹介します。

オブジェが目を惹くラウンジとレストラン

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」で楽しむりんごづくしのおすすめ絶品スイーツ3選の1番目の画像

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、奥入瀬の自然を堪能できる人気施設。こちらのホテルではラウンジやレストランにおいて、リンゴを使った絶品スイーツを味わえます。
「ラウンジ 森の神話」はフロアの中心にある、岡本太郎が作った立派なオブジェが目を惹く空間。オブジェの下では暖炉の炎がゆれています。
「青森りんごキッチン」は、リンゴがモチーフになった照明が印象的なレストランです。エントランスには大きな木のオブジェがあり「津軽びいどろ」で作られたりんごが、たわわに実っています。

食感が楽しい! 「幸福林檎のミルフィーユ」

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」で楽しむりんごづくしのおすすめ絶品スイーツ3選の2番目の画像

ホテルの1番人気メニュー「幸福林檎のミルフィーユ」(1,300円)は「ラウンジ 森の神話」で提供されている1品。白いお皿の上には四角のパイ生地と、薄い輪切りになった林檎、さらにはクリームやスポンジケーキが何層にも重なっています。
お皿を彩るハチミツとミントのソースは、さっぱりと爽やかな甘さです。オーダーが入ってからカットされるリンゴはシャキシャキと瑞々しく、サクサクのパイ生地とよく合います。

見た目も可愛らしい「苔玉アイス」は驚きの美味しさ

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」で楽しむりんごづくしのおすすめ絶品スイーツ3選の3番目の画像

「ラウンジ 森の神話」で人気の「苔玉アイス」(1,000円)は、美しい緑色が鮮やかな1品。奥入瀬渓流で見られる「苔」をモチーフにしたユニークなデザートです。
まんまるの苔玉のように見えるのは、抹茶のアイスクリームの表面にほうれん草のパウダーをまんべんなくまぶしたもの。ガラスの涼しげな器に敷かれた、青リンゴのジュレと一緒にお召し上がりください

食後のデザートにオススメ! 「あつあつアップルパイ」

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」で楽しむりんごづくしのおすすめ絶品スイーツ3選の4番目の画像

最後にご紹介するのは、「あつあつアップルパイ」です。こちらはビュッフェ形式のレストラン「青森りんごキッチン」でいただくことができる、レストランの一押しメニュー。何とシェフがお客さんの目の前で焼いて仕上げてくれる出来立てのアップルパイ。
ぷっくりと膨らんだパイ生地を、スプーンで崩していただきましょう。中からアツアツでトロリとしたりんごのコンポートが出てきたら、ソフトクリームと一緒に口へ運びます。コンポートの温かさでソフトクリームがとろけ、口の中に優しい甘さが広がる美味しい1品です。

新たな魅力に出会えるはず! 多彩なリンゴのメニュー

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」で楽しむりんごづくしのおすすめ絶品スイーツ3選の5番目の画像

青森県はりんごの生産量日本一を誇るりんご王国。「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、りんごを美味しくいただくためのノウハウが豊富です。アレンジにより様々な魅力を見せるりんごを使った料理やスイーツは、どれも絶品。
「炙りサーモンマリネりんごのピュレソース」や、「りんごとチキンの煮込み」といったお食事メニューは、ほっぺが落ちる美味しさです。
また、パリパリのりんごチップスが添えられた数量限定のスイーツ、「りんごのクリスタル」も、こちらのホテルを訪れたら、是非味わっていただきたい1品。

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」へは、東北新幹線停車駅・JR八戸駅から出ている無料の送迎バスが便利です。駅からは約1時間30分ほどでホテルに到着します。リンゴをたっぷり使ったスイーツを味わいに、一度足を伸ばしてみませんか?

スポット情報

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

〒034-0398 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231

0570-073-022(星野リゾート予約センター)

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ホテル・宿」に関する人気記事ランキング