おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2017.08.21 | 公開 2017.08.21

グッと垢抜ける大人の装い! 粋でクラシカルな「浴衣の着物風アレンジ」

浴衣は、お祭りや花火などのイベントに欠かせない夏アイテム。定番の着方に飽きたら、トレンドを取り入れたワンランク上の装いはいかがでしょうか。浴衣を着物風に着こなすアレンジをご紹介します。

賢く綺麗に見える着物風アレンジ

グッと垢抜ける大人の装い! 粋でクラシカルな「浴衣の着物風アレンジ」の1番目の画像

浴衣を着物っぽく着こなせる着物風アレンジ。より上品な印象になるため、大人の女性にぜひ覚えてほしい着こなしです。
着物っぽく着るコツは、浴衣に和装小物を取り入れること。やり過ぎると浴衣の清涼感を損ねかねないので注意が必要です。和装の知識に自信がない人でも大丈夫。参考にして、ぜひ今年の浴衣アレンジに活かしてみてください。

首元のワンポイントになる「半襟」

グッと垢抜ける大人の装い! 粋でクラシカルな「浴衣の着物風アレンジ」の2番目の画像

半襟とは、襦袢という和装用下着に縫い付ける、取り換え可能な襟のこと。襟の半分ほどの長さであることが名前の由来です。本来の目的は皮脂や化粧汚れなどから下着を保護することでした。
人さし指分の幅が美しく見える黄金バランス。半襟は柄やカラーバリエーションも豊富です。無地や柄入りでも落ち着いた色味であればシックな印象になります。
逆に、鮮やかな色合いや大きな水玉などのポップな柄を合わせれば、モダンな印象に早変わり。男性がネクタイでスーツに変化をつけるように、半襟ひとつで浴衣の異なる雰囲気を楽しめます。

大人クラシカルな「お太鼓結び」

グッと垢抜ける大人の装い! 粋でクラシカルな「浴衣の着物風アレンジ」の3番目の画像

お太鼓結びとは、古典的な着物帯の結び方です。浴衣用の半幅帯を使ったリボン形の可愛らしい蝶結びや文庫結びから、出来上がりが四角い形のお太鼓結びに変えることで、大人っぽい上品な浴衣姿になります。
さらに帯を着物で使う名古屋帯などにすると、より上質な着こなしができるので、目上の人が同伴する席などちょっとしたよそ行きにも適した格好となるでしょう。大人の女性におすすめの結び方です。

豪華に見せる「帯揚げ+帯締め」

グッと垢抜ける大人の装い! 粋でクラシカルな「浴衣の着物風アレンジ」の4番目の画像

帯揚げとは、帯結びの仕上げに使う補助的な布のことで、帯締めとは帯を固定する紐のことです。帯揚げは、画像の結び方が一般的。背中から通した紐を体の前で一度結び、片方で作った輪の中にもう片方の紐を通して両端を帯に入れ込む作り方です。両端をねじって帯に入れ込んだり、脇に蝶々結びを作ったりする方法もあります。
一方、帯締めは飾りが付いているものもありますが、1本の紐から花などの形を作って華やかに見せる方法もおすすめです。帯揚げと帯締めのバランスを鏡で見ながら、適宜調整しましょう。

足元のおしゃれ「和装草履+レース足袋」

グッと垢抜ける大人の装い! 粋でクラシカルな「浴衣の着物風アレンジ」の5番目の画像

木製で歯のついている下駄から、和装草履に履き替えるだけでも着物風になります。
踵が草履の端から指1本分出るサイズが美しいとされますが、慣れない人は足が痛くなりにくいジャストサイズを選んだ方が無難です。どれを選べばいいか不安な場合は、浴衣を店舗に持ち込んで店員さんにアドバイスしてもらいましょう。
さらに、足袋を履けばより着物テイストにすることが可能。夏向きのレース足袋を選べば、足元に優美さが漂います。

着物風アレンジは、浴衣の装いをより清楚で美しく見せてくれます。ちょっとした小物使いでレトロモダンな雰囲気に変わるので、着る側も見る側も新鮮な気持ちになるでしょう。
また、和装小物を取り入れることは、日本の伝統文化を学ぶいい機会にもなります。いつもと違う印象の浴衣姿で、涼やかに、そして艶やかに夏を楽しんでみてください。
監修:株式会社ハクビ

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事