おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2017.08.21 | 公開 2017.08.21

人と被らない帯結びアレンジ!「ふくら雀」で品良く粋な佇まい

夏祭りや花火大会などの夏のイベントに浴衣を綺麗に着こなして行きたい、と思いませんか?そんなあなたに、簡単にアレンジできる浴衣の帯結び「ふくら雀」の方法をご紹介します。

ふくら雀で帯にボリュームを出す

人と被らない帯結びアレンジ!「ふくら雀」で品良く粋な佇まいの1番目の画像

帯結び「ふくら雀」は、古典的なイメージのアレンジ方法です。冬の寒さに耐えるため、羽根をふくらませた雀をモチーフにしており、昔から縁起が良いものとされています。半幅帯に比べてアレンジが簡単な兵児帯を用いて、ボリュームがほしいときに活用することが多い結び方です。
自分で帯のアレンジができると、着こなしの幅も広がり便利でしょう。今年の夏は、ぜひふくら雀のアレンジを習得して、浴衣を品よく着こなしてください。夏祭りや花火大会に活躍するのではないでしょうか?

「ふくら雀」の結び方1

人と被らない帯結びアレンジ!「ふくら雀」で品良く粋な佇まいの2番目の画像

まずは、手先を120cmぐらいとります。それを、肩にかけ、ひと巻きしたらぎゅっと締めてください。同じところにもうひと巻きして、ぎゅっと締めます。浴衣の着くずれを防止するためにも、しっかりと締めるのがポイントです。
次に、タレを上にしてひと結びします。ここでも、ぎゅっと締めてください。結び目に近い位置で、手先を使って羽を作ります。これが、雀の羽根の部分になるので、リボンのような形に整えるのがポイントです。
ヘアゴムで中心を縛り、2枚の羽根を洗濯ばさみなどで固定します。

「ふくら雀」の結び方2

人と被らない帯結びアレンジ!「ふくら雀」で品良く粋な佇まいの3番目の画像

タレの結び目部分を左右に広げます。ふっくらとふくらみを作るように通し、タレ先を中に折り上げてください。ここで、だいたいの形が決まるので、丁寧に行うのがポイントです。
タレ先の長さを調整して、帯締めをリボン結びで縛ります。リボン結びが見えないように、タレのふくらみの中に隠してください。
ふんわりするように形を整え、後ろにまわすとふくら雀の完成です。自分でも簡単にできる帯のアレンジ方法なので、ぜひ今年の夏は挑戦してみてください。品のある浴衣の着こなしができるでしょう。

今は浴衣の種類も豊富で、帯のアレンジ方法も定番の文庫結びやリボン返しなど、さまざまです。ひとつでもアレンジ方法を知っていると、ほかの結び方もすんなり習得できるのではないでしょうか?
ふくら雀は、古典的なイメージで、日本古来の女性らしい品のある着こなしになります。縁起が良いモチーフにもなっていて、簡単にできるのも魅力です。今年の夏は、ふくら雀を習得して、品のある女性を目指してみませんか?
監修:株式会社ハクビ

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事