おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2016.08.10 | 公開 2016.08.10

祇園の趣を満喫できる穴場。お茶と甘味の和カフェ「GION-NITI」

石畳と町家の街並みが京都らしい祇園。絵になるような風景が広がる花街で、特に京都らしい雰囲気が漂う和カフェといえば「GION-NITI」です。

四季を楽しめる京都らしい癒し空間

祇園の趣を満喫できる穴場。お茶と甘味の和カフェ「GION-NITI」の1番目の画像

四季をとても大切にしており、季節ごとに四季折々の華やかな花が置かれた店内はとても風情のある空間です。縁側から差し込むのはやさしい光と風。広々とした椅子に腰かけお茶と甘味をいただけば、ゆったりとしたリラックス気分で京都の雰囲気を堪能できるはず。多彩な人気店・有名店が集まる祇園エリアでも、多数のファンを獲得しています。

名物の和スイーツは煎茶との相性もばっちり

祇園の趣を満喫できる穴場。お茶と甘味の和カフェ「GION-NITI」の2番目の画像

京都のお茶の味わいを楽しむなら、「永谷宗園 煎茶」(700円)を。永谷宗園は、江戸時代中期に煎茶の主流となる“青製煎茶製法”を考案した煎茶の祖とも言える名茶店です。のどごしがよく、苦みが香り高い一杯はここへきたら必ずいただきたい。

名物の和スイーツは、永谷宗園のほうじ茶を使った「ほうじ茶のミルクプリン」(600円)。ほんのりとほうじ茶が香る、プルプルでなめらかなプリンは煎茶とも相性ぴったりです。

少し大人な味わいを楽しむなら、「無花果(いちじく)とくるみのガトーショコラ(ドリンク付 珈琲・紅茶、温・冷 ほうじ茶)」(1,200円)がおすすめ。ラム酒に漬けたいちじくを使って仕上げた自家製の一皿で、甘いひとときをゆったりと過ごしたい。ひとりで贅沢時間を満喫するための、お気に入りの一軒になるはずです。

メニューの紹介動画はコチラ

並んででも食べたい!京都「GION-NITI」の天然水のかき氷

並んででも食べたい!京都「GION-NITI」の天然水のかき氷

京都府 > 祇園 / グルメ

スポット情報

GION-NITI

GION-NITI

京都府京都市東山区祗園町南側570-8

075‐525‐7128

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事