おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.03.14 | 公開 2018.03.14

1点ものとの運命の出合い。京都のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON KYOTO GION」

京都・祇園に佇む「PASS THE BATON KYOTO GION」。「NEW RECYCLE」をコンセプトにした新しいスタイルのセレクトリサイクルショップです。ショップ内には喫茶「お茶と酒 たすき」を併設。運命の1点ものとの出合いを求めて、訪れてみてはいかがでしょうか?

New Recycle!「PASS THE BATON KYOTO GION」

1点ものとの運命の出合い。京都のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON KYOTO GION」の1番目の画像

京都・祇園に佇む「PASS THE BATON KYOTO GION」は、「NEW RECYCLE」をコンセプトにする現代のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」の京都祇園店。

このお店があるのは、祇園新橋伝統的建造物群保存地区。文化財保護法に基づき認定された歴史ある町並みです。「すでにあるものを大切にし、新しい価値を創造する」という想いの下、築120年超えの町家をリデザインしました。

品物に添えられたストーリー

1点ものとの運命の出合い。京都のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON KYOTO GION」の2番目の画像

「PASS THE BATON」で販売されている商品には、商品にまつわるストーリーが添えられています。「想い出の品物、すごく愛用していたけれど今は使わないもの、でも捨てるのは惜しい」。そんな品物を集めて、持ち主の顔写真とプロフィール・品物にまつわるストーリーを添えて販売されています。

従来のリサイクルショップとは異なる、新しいスタイルを持つショップです。

京の伝統工芸とのコラボレーション

1点ものとの運命の出合い。京都のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON KYOTO GION」の3番目の画像

リサイクル品の他、京都の伝統工芸とコラボレートした商品も販売。これも古き良きものを現代・そして未来へと伝えていく、という想いから始まった取り組みです。

創業50年になる老舗の色紙短冊の問屋「尚雅堂」が扱う、使用には支障がないけれど表紙の傷や模様のかすれにより販売されない御朱印帳を、オリジナルのイラストレーションでリメイクして販売しています。

見た目にも可愛らしいコースターや、鳥獣戯画が描かれたがま口は、友達や家族へのお土産・プレゼントにもおすすめです。

併設の喫茶でほっと一息「お茶と酒 たすき」

1点ものとの運命の出合い。京都のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON KYOTO GION」の4番目の画像

セレクトリサイクルショップに併設されている「お茶と酒 たすき」。日本人が大切にする「おもてなし」の心。「もてなす/もてなされる」、両方の心をお茶を通して伝えたい、という想いから作られました。

伝統的な技法や心を大切にしつつ新しいお茶(喫茶)のあり方を提案しています。

白川のせせらぎを感じる癒やしの空間

1点ものとの運命の出合い。京都のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON KYOTO GION」の5番目の画像

1年中楽しめるかき氷はお店の人気メニュー。「焙じ茶みつ きな粉練乳付」は、深煎りに焙煎された焙じ茶の香りを楽しめます。添えられたきなこ練乳をかければまた違った味わいに。

お茶をベースにしたオリジナルカクテルもラインナップしています。「お茶と酒 たすき」でしか味わえないメニューを堪能してみませんか?

料理やドリンクに使われているアンティークの食器やグラスは、ほとんどのものが気に入ればその場で購入も可能です。美しい食器もチェックしてみてください。

1点ものとの運命の出合いを楽しんで

1点ものとの運命の出合い。京都のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON KYOTO GION」の6番目の画像

「PASS THE BATON KYOTO GION」にある商品はほとんどが1点もの。

京阪本線「祇園四条駅」徒歩5分。運命の出合いがそこにあるかもしれません。新しいスタイルのリサイクルショップへ足を運んでみませんか?

スポット情報

PASS THE BATON KYOTO GION

PASS THE BATON KYOTO GION

京都市東山区末吉町77-6

075-708-3668

詳細はこちら

スポット情報

お茶と酒 たすき

お茶と酒 たすき

京都市東山区末吉町77-6 PASS THE BATON KYOTO GION内

075-531-2700

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事