おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.03.30 | 公開 2018.03.30

美しすぎる絶品フレンチ!「Crear Bacchus」は目と舌で味わうガストロノミー

東京・赤坂にある「Crear Bacchus(クレア バックス)」は、思わずため息がでるほどの美しく盛られた絶品フレンチが自慢のお店です。ガストロノミーという美食術と自然がコンセプトのお店で、目でも舌でも楽しめます。1日10名限定のゆったりとした空間で、繊細で美しい料理に舌鼓を打ってみませんか?

ガストロノミーで自然と東北への想いを表現

美しすぎる絶品フレンチ!「Crear Bacchus」は目と舌で味わうガストロノミーの1番目の画像

東京・赤坂の路地裏にひっそりと佇む「Crear Bacchus(クレア バックス)」では、目でも舌でも味わえる絶品フレンチをいただけます。グレーの壁面に木の扉、シンボルツリーとお店の看板がおしゃれで落ち着いた外観です。店内は1日10名限定で、ゆったりと過ごせる空間になっています。

2016年3月11日にオープンしたこのお店は、スタッフ全員が東北出身者。東北への想いをのせて東日本大震災が起きたその日に開店しました。ガストロノミーという美食術と自然がコンセプトで、生産者の顔が分かる自然の食材にシェフの繊細な技術をのせて、見た目も舌も喜ばせてくれるフレンチレストランです。

「収穫」は、収穫の喜びを表現したガストロノミー

美しすぎる絶品フレンチ!「Crear Bacchus」は目と舌で味わうガストロノミーの2番目の画像

「収穫」には、ガストロノミーと自然というお店のコンセプトが一皿に込められています。茨城県大和田農園露地栽培の有機野菜を使い、収穫の喜びが伝わってくる料理です。木のお皿の上に、土や草原をパウダーで表し、花と小さなシャベルが添えられています。

シェフが信頼している農家さんから仕入れた野菜を収穫のイメージで盛り付けられており、美味しくも可愛らしい一皿に、思わず笑みがこぼれそうです。

日本の自然と四季を表現した「息吹」はこだわりの一品

美しすぎる絶品フレンチ!「Crear Bacchus」は目と舌で味わうガストロノミーの3番目の画像

北海道産の鴨のフォアグラを使用し、自然の息吹や日本の四季を表現した「息吹」。お肉は54度の低温でじっくりと火入れを施し、付け合わせの庄内野菜はコンソメで煮込んであり、お客さんの来店時間から逆算して用意されています。

味を引きしめるワイン塩は、フランス産の海塩と、ボルドーの人気ワインを使って作ったこだわりの自家製塩です。火山に見立てたカフェドパリバターのソースが絶妙な味わいをさらに引き立てています。

薔薇の花ことば「絆」は美しすぎる絶品デザート

美しすぎる絶品フレンチ!「Crear Bacchus」は目と舌で味わうガストロノミーの4番目の画像

東北への想いが込められた「絆」は、福島県千駒酒造酒粕とピスタチオのパルフェの上に、薔薇が花咲くデザートです。薔薇の花ことばのひとつ「絆」からネーミングされ、シェフの出身地福島県への想いを表しています。

まるで本物のような薔薇はホワイトチョコレートで作られ、美しすぎてフォークを入れるのをためらってしまうほどです。

ガストロノミーを通して東北復興の力になりたい

美しすぎる絶品フレンチ!「Crear Bacchus」は目と舌で味わうガストロノミーの5番目の画像

このお店では、福島出身のシェフが東日本大震災の復興の力になりたいという思いを持ち、東北出身のスタッフと料理を提供しています。自然を表現したガストロノミーの美しい料理は、多くのグルメ本でも紹介されるほど。

1日10名限定のゆったりとした空間で、創造的な料理の美しさと味わう楽しさを記憶に残しながら、誕生日や記念日、接待にご利用してみてはいかがでしょうか。

お店までは、東京メトロ千代田線「赤坂駅」5a出口から徒歩2分、もしくは南北線「溜池山王駅」12番出口から徒歩8分です。駅から近くアクセスの良い場所にありながら、一歩路地を入ったB1Fの落ち着いた雰囲気も魅力のひとつです。特別な日に記憶に残るガストロノミーをぜひ一度お召し上がりください。

スポット情報

Crear Bacchus

Crear Bacchus

東京都港区赤坂2-15-9 石井第3ビル B1F

03-5797-7260

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事