おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.17 | 公開 2017.11.17

希少な長崎芳寿豚を使ったレアなとんかつ。 大阪「なみなみ 新町店」

大阪・西大橋にある「なみなみ 新町店」では、希少豚である「長崎芳寿豚」をメイン食材とした料理を楽しめます。食肉卸であることから、リーズナブルに上質なお肉の美味しさを味わうことができるお店です。

木をふんだんに使用した、モダンな和の空間のお店

希少な長崎芳寿豚を使ったレアなとんかつ。 大阪「なみなみ 新町店」の1番目の画像

大阪・西大橋にある「なみなみ 新町店」では、希少豚である「長崎芳寿豚」をメインとした料理を味わえます。外観は、白い壁に「なみなみ」と大きく文字が躍ります。

店内は細長い造りで、木のカウンター席とテーブル席がずらりと並び、落ち着いた雰囲気です。壁や天井には木が渡され、モダンながら和のテイストが漂います。

夜は、天井に渡された木の間から照明の光がこぼれ落ち、昼とはまた違った雰囲気。ランチタイムにも、夜にも訪れたくなるお店です。

約200種類の豚の中から選んだ「長崎芳寿豚」を一頭買い

希少な長崎芳寿豚を使ったレアなとんかつ。 大阪「なみなみ 新町店」の2番目の画像

お店をオープンする以前、店主が毎日豚肉を全国各地から取り寄せて食べ比べ、「長崎芳寿豚」をメイン食材にすることに決めたそう。約200種類もの豚肉の中から、店主のハートを射抜いた「長崎芳寿豚」は、まぐろより菌数が少ない最高級品質の豚肉。

このお肉の脂質は中鎖脂肪酸という良質な脂のため、ヘルシー志向の女子も安心です。「なみなみ 新町店」では長崎芳寿豚を一頭買いしており、リーズナブルに味わうことができます。

希少豚を使ったレアな仕上がり! 「極上ロースとんかつ」

希少な長崎芳寿豚を使ったレアなとんかつ。 大阪「なみなみ 新町店」の3番目の画像

「極上ロースとんかつ 特製黄身おろしポン酢(税抜 1,200円)」は、お店の一番人気メニュー。「長崎芳寿豚」を使った絶品とんかつです。厚切りのとんかつはレアな仕上がり。サクサクの衣をまとったとんかつのジューシーな赤身の部分を噛むと、豚の旨みがじゅわっと出てきます。脂身の部分はとろける食感で、こちらもたまりません。

「長崎芳寿豚」の赤身は水分保有率が高いため、揚げても柔らかい仕上がりです。大根おろしに卵の黄身を合わせた、お店特製のまろやかなポン酢に付けていただきましょう。

食べればやみつき! 「雲仙しまばら鶏の生ハムユッケ」

希少な長崎芳寿豚を使ったレアなとんかつ。 大阪「なみなみ 新町店」の4番目の画像

「雲仙しまばら鶏の生ハムユッケ(税抜 680円)」も、お店イチオシのメニューです。あっさりと仕上げた鶏の生ハムを、ユッケにしていただきます。鶏の生ハムは歯ごたえがあり、一度食べればやみつきになることでしょう。

卵の黄身をとろりとからめていただくユッケは、日本酒との相性が抜群! とんかつをいただく前のお酒のアテとして、楽しみたい一品です。

豚肉だけでなく、野菜や米にもこだわるお店

希少な長崎芳寿豚を使ったレアなとんかつ。 大阪「なみなみ 新町店」の5番目の画像

「食の安全性や品質について、意識の高いお客様に是非味わっていただきたい」と店主が語るだけあり、使用している食材はどれも厳しい目で選び抜かれたものばかり。野菜は全国から取り寄せたこだわりの地場野菜で、お米は近江産の有機特Aランクのコシヒカリを使用しています。

ランチタイムは「とんかつ専門店」としてオープンしており、人気のとんかつをリーズナブルに食べられるのも魅力。テイクアウト商品の「とんかつ弁当」もあり、気軽に立ち寄りたいお店です。

「なみなみ 新町店」は、OsakaMetro四つ橋線「四ツ橋駅」2番出口から徒歩3分ほどの距離。四つ橋筋を北に進み4つ目の角を左折し「YPC保育園」の前を通り過ぎ、角を右折するとお店が見えます。あなたも「なみなみ 新町店」で、絶品の極上ロースとんかつを味わってみませんか。

スポット情報

なみなみ 新町店

なみなみ 新町店

大阪府大阪市西区新町1-9-14 丸勝ビル1F

06-6534-1566

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事