おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年09月12日更新

ため息が出るほど美しい駅0分のフレンチビストロ「メゾンサンカントサンク」

代々木上原の駅からすぐの場所にあるフレンチビストロ「メゾンサンカントサンク」。新進気鋭のフレンチシェフであり店舗プロデューサーの丸山智博氏の手がけた1店目である「メゾンサンカントサンク」は、気取らない雰囲気でありながら本格的なフレンチが楽しめるお店です。

オリーブの木が迎える、南仏風外観のビストロ

ため息が出るほど美しい駅0分のフレンチビストロ「メゾンサンカントサンク」の1番目の画像

地中海沿岸、南フランスの小道にそのままありそうな、ベージュの壁に赤い屋根瓦と窓屋根がアクセントになった「メゾンサンカントサンク」の入り口にはオリーブの木が涼しげに立っています。
厨房が見えるカウンター席が並ぶ2階と、屋根裏部屋のようで落ち着けるテーブル席の3階があります。駅前にあるので、予約なしでも入れる気軽さが魅力。いつもにぎやかな雰囲気で入りやすいお店です。

カジュアルだけど繊細で美しいフレンチが楽しめる

ため息が出るほど美しい駅0分のフレンチビストロ「メゾンサンカントサンク」の2番目の画像

フレンチシェフの丸山智博氏が手がける「メゾンサンカントサンク」は、当初、丸山氏のワインバーとして開店しました。徐々に本格的な料理を提供するようになり、現在ではカジュアルに楽しめる本格派のフレンチビストロとして連日多くのゲストをもてなしています。
絵のように鮮やかで美しい料理は、全て添加物ゼロの手作り。女子会での利用が多いのも納得できます。

甘さと酸味のハーモニーをまとめるブラータチーズ

ため息が出るほど美しい駅0分のフレンチビストロ「メゾンサンカントサンク」の3番目の画像

八百屋さんが目利きをした一番おいしい桃を使っている「桃とビネガーのカプレーゼ」。品種にこだわらずとにかく甘い桃を選んでもらっています。
桃をビネガーでマリネし、ブラータチーズをのせて赤いバジルを添え、オリーブオイルをかけたら完成。桃の甘みとビネガーの酸味をブラータチーズが包み込む、女性に人気の一品です。

選び抜かれたワインと料理で過ごすかけがえのない時間

ため息が出るほど美しい駅0分のフレンチビストロ「メゾンサンカントサンク」の4番目の画像

元々ワインバーとしてスタートした「メゾンサンカントサンク」。ワインに詳しい店主が提供する、計算しつくされたワインと料理のマリアージュを楽しめます。お酒の飲めない人にも楽しめるノンアルコールのドリンクやカクテルも充実。
添加物を一切使っていない体に優しい「メゾンサンカントサンク」の料理は、大好きな仲間や家族とワイワイと、大切な恋人とゆったりと、いろいろな形で楽しむことができます。
代々木上原駅直結の駅ビルの階段を下りて右手に進んだ角の一軒家です。店舗は2階からなので、直接階段で上がってください。気軽に立ち寄れる、どんな年齢層の方にも喜んでもらえるお店です。

スポット情報

メゾンサンカントサンク

メゾンサンカントサンク

東京都渋谷区西原3-5-1 2F・3F

03-5454-5631

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング