おでかけ動画マガジン

ヨガ・フィットネス

2017年09月01日更新

くびれたウエストを作る! ピラティス&ストレッチの“アブプレップ”

無理せず気持ちよく続けるだけで、少しずつボディバランスの変化が期待できるピラティス。好きな音楽1曲分の時間でOKです。初心者でもトライしやすい“アブプレップ”で、くびれが美しいウエストを目指しましょう!

セクシーなくびれを作るピラティス&ストレッチ

初めての人にもおすすめのプライベートピラティススタジオ「2nd Scene(セカンドシーン)」。今回、インストラクターの西丸裕子さんに教わったのは、くびれを作るお腹まわりのエクササイズです。早速今日から取り入れてみてください!

TIPS1 肩甲骨の下にバスタオルを敷き、鼻から息を吸う

くびれたウエストを作る! ピラティス&ストレッチの“アブプレップ”の1番目の画像

床に横になって、肩甲骨の下にバスタオルを敷きます。その状態で、鼻から息を吸いましょう。背中をそらさないように、おへそを沈めるイメージを意識してみてください。

TIPS2 口から息を吐きながら、顔・胸元の順番で起こす

くびれたウエストを作る! ピラティス&ストレッチの“アブプレップ”の2番目の画像

口から息を吐きながら、顔・胸元と順番に起こしていきます。ひざの間が見えるところまで上げ、ひざの間に息を吹きかけるイメージが◎。このとき、あごを上げないように注意! 顔・胸元を起こすのがつらい人は、頭の下にバスタオルを敷いてみてください。

TIPS3 口から息を吐きながら、胸元・顔の順番で下ろす

くびれたウエストを作る! ピラティス&ストレッチの“アブプレップ”の3番目の画像

顔・胸元を起こした状態で、鼻から息を吸ったら、口から息を吐きながら、胸元・顔と順番に下ろしていきます。起こすとき、下ろすときは、目線をゆっくり移動させることをイメージするとうまくいきます。また、お腹を薄くキープするように心がけてみてください。4回繰り返しましょう。

お腹を引き締めて美しいくびれを作る

くびれたウエストを作る! ピラティス&ストレッチの“アブプレップ”の4番目の画像

“アブプレップ”は、腹斜筋(くびれ)、腹直筋(お腹表面)に効く、お腹まわりのエクササイズです。続けることで、キレイな腹筋を目指せます。
顔・胸元を起こし、下ろすとき、背骨がフラットな人ほど、起きるときに背中が丸まれない、下ろすときに勢いをつけてしまう、ということが起こりがちです。
効果が半減してしまうので、バスタオルを敷いて、スムーズな動きを促すようにしましょう!

西丸裕子
監修
西丸裕子

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ヨガ・フィットネス」に関する人気記事ランキング