おでかけ動画マガジン

ヨガ・フィットネス

2017年09月03日更新

背中の緊張をときほぐす! ピラティス&ストレッチの“マーメイド”&“ストレッチ”

1日たった5分のエクササイズで、美しいボディバランスが習得できるピラティス。続けていくうちに、効果が実感できるはず! 初心者でも毎日の生活の中で取り入れやすい“マーメイド”&“ストレッチ”で、背中の緊張をときほぐしてあげましょう。

背中をほぐすピラティス&ストレッチ

“マーメイド”&“ストレッチ”は、背中の緊張をときほぐす効果が期待できます。普段、背中がそっていたり、まっすぐになって縮んでいたりする人におすすめ! 緊張を緩和させながら、いつも縮んでいる箇所を伸ばしてくれます。朝や寝る前など、できる範囲で取り入れてみてください!

TIPS1 骨盤をまっすぐに意識して座る

背中の緊張をときほぐす! ピラティス&ストレッチの“マーメイド”&“ストレッチ”の1番目の画像

あぐらをかいて、骨盤をまっすぐに意識して座ります。手を前と後ろに置いたときに、指先がまっすぐ床にささる姿勢が目安です。骨盤が立ちにくい人は、お尻の下にバスタオルを敷いてみて。お尻の位置が上がることで、骨盤が立ち上がりやすくなります。

TIPS2 腕を上げて、体のサイドを伸ばす

背中の緊張をときほぐす! ピラティス&ストレッチの“マーメイド”&“ストレッチ”の2番目の画像

右腕を上げたら、左に向かって頭、胸元と順番に傾け、体のサイドを伸ばします。腕の重さがかかることで、背骨がしなるのを意識してみてください。

TIPS3 斜め前に体を傾ける

背中の緊張をときほぐす! ピラティス&ストレッチの“マーメイド”&“ストレッチ”の3番目の画像

そのまま前方に体を傾けます。右腕で少し斜め前をタッチするイメージで傾ければOK。背中全体が伸びていることを感じましょう。右腕が終わったら、今度は反対の左腕で右に向かって頭、胸元と順番に傾け、同じようにTIPS2〜TIPS3を繰り返します。
ピラティスの「鼻で吸って、口から吐く」呼吸法を意識しながら、4セットやってみてください。

西丸裕子
監修
西丸裕子

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ヨガ・フィットネス」に関する人気記事ランキング