おでかけ動画マガジン

ヨガ・フィットネス

2017年09月10日更新

1日5分のゆるヨガ! コブラのポーズ「ブジャンガアサナ」で胃腸改善!

腹式呼吸を意識しながらさまざまなポーズをとり、身体をリラックスさせていくヨガ。今回は、最近胃や腸の調子に悩んでいるという人におすすめのコブラのポーズ「ブジャンガアサナ」を紹介します。

忙しくても取り入れやすい、5分間のヨガ

1日5分のゆるヨガ! コブラのポーズ「ブジャンガアサナ」で胃腸改善!の1番目の画像

毎日継続して行いたいヨガですが、毎日仕事や家事に追われていてヨガに使う時間をしっかりとれないという人も多いですよね。そこで忙しい人でも簡単にヨガを習慣づけられるよう、就寝前の5分間を利用して気軽に挑戦できるコブラのポーズ「ブジャンガアサナ」をご紹介します。

身体の無駄な緊張が解けてリラックスできる、就寝前にピッタリのポーズです。早速、コブラのポーズ「ブジャンガアサナ」のコツや注意点を紹介していきましょう。

力を抜いて、うつ伏せからスタート

1日5分のゆるヨガ! コブラのポーズ「ブジャンガアサナ」で胃腸改善!の2番目の画像

まずはヨガマットの上でうつぶせに寝転びましょう。その際、足は腰と同じぐらいの幅に開いて、手は胸の横に置きます。指先は軽く開いておいてください。

そのまま息を吸いながら手で床を押し、ゆっくり上半身を持ち上げていきます。勢いはつけず、腕の力を利用して持ち上げるようにしてください。お腹にもしっかり力を入れると、姿勢が崩れずきれいに上半身が起こせます。腰を床に押し付けるようなイメージで、ゆっくり体重を移動しましょう。

呼吸と姿勢を意識しながら上体を反ります

1日5分のゆるヨガ! コブラのポーズ「ブジャンガアサナ」で胃腸改善!の3番目の画像

脇を締めながら肩甲骨を下げ、息を吸いながら胸を開きます。肩甲骨を下げるとは、肩を後ろに引くようなイメージです。肩を意識するとどうしても首をすくめてしまいがちなので、きれいな姿勢を保ちながら肩甲骨を下げるように気を付けましょう。

目線を少し上に向けると自然に上体が反れるので、正しいポーズが取りやすくなりますよ。肩に力が入っているのではなく、腕に力が入っていればOKです。

足の甲でゆっくり床を押しましょう

1日5分のゆるヨガ! コブラのポーズ「ブジャンガアサナ」で胃腸改善!の4番目の画像

つい上半身だけに注目してしまいますが、ヨガは全身を使うので下半身も重要です。このコブラのポーズでは足の甲を使います。上体を起こしながら、足の甲でしっかりと床を押していきましょう。かかとを開くと力の入り方が変わってしまうので、かかとを起こすよう意識してみてください。

すねが床についていたらNGです。正しいポーズがとれたらしばらくそのままキープ。その後、息を吐きながらゆっくりと上体を戻し、足の力も抜いていきます。

毎日の中で無理なく取り入れられるコブラのポーズ「ブジャンガアサナ」を紹介しました。呼吸器官や胃腸の調子を整えてくれるといわれているポーズです。忙しい毎日の中でも、5分間であれば習慣にしやすいですよね。ヨガの腹式呼吸で身体の無駄な力が抜けるので、リラックスしたい就寝前におすすめです。ぜひ試してみてください。

監修:スタジオ・ヨギー
http://www.studio-yoggy.com/
衣装協力/ヨギー・サンクチュアリ
http://yoggy-sanctuary.com/

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ヨガ・フィットネス」に関する人気記事ランキング