おでかけ動画マガジン

ヨガ・フィットネス

2017年09月10日更新

1日5分のゆるヨガ! 牛面のポーズ「ゴームカアサナ」で肩こり改善!

ヨガは難しいイメージがありませんか? 実は簡単なポーズでも効果が期待できます。今回は座ったままでもできる牛面のポーズ「ゴームカアサナ」をご紹介しましょう。

肩こりや呼吸改善が期待できるポーズ

1日5分のゆるヨガ! 牛面のポーズ「ゴームカアサナ」で肩こり改善!の1番目の画像

ヨガは体が柔らかい人ばかりが取り組むものではありません。初心者でも気軽に取り組めるポーズはたくさんあります。まずは簡単なヨガのポーズを1日5分から始めてみませんか?

今回は、牛面のポーズ「ゴームカアサナ」をご紹介しましょう。ゴームカアサナの「ゴー」は牛、「ムカ」は顔という意味です。肩こりや呼吸改善が期待できると言われています。

用意するものはヨガマットのみですが、人によっては床との間に挟むブランケットがあったほうが楽に正しい姿勢でポーズをとることができます。服装はストレッチの効いた動きやすいものが望ましいです。

足を重ね足の甲を床につける

1日5分のゆるヨガ! 牛面のポーズ「ゴームカアサナ」で肩こり改善!の2番目の画像

さあ、さっそく牛面のポーズをはじめてみましょう。まずはヨガマットの上で両足を右にくずし横座りになります。足を重ねた状態で右足を左足の向こう側に置き、足の甲を床につけましょう。

床につけるのが難しい方は、できる範囲で大丈夫です。このときお尻が浮かないようにするのがポイント。股関節が固い方はお尻が浮いてしまう場合があるので、ブランケットを敷いてください。

背中の後ろで両手を組んでゆっくりと深呼吸

1日5分のゆるヨガ! 牛面のポーズ「ゴームカアサナ」で肩こり改善!の3番目の画像

次に背中を伸ばし右手を上げて肘を曲げ、左手は下から背中に回して右手を握ります。手が届かない場合は、無理をせずベルトやタオルを使用してください。今は届かない方も、繰り返し行ううちに手も届くようになるでしょう。

背中で手を組んだ状態のまま、胸を広げるようにしてゆっくり呼吸をします。このとき、胸を広げるようにするのがポイントなので、前のめりにならないように気を付けましょう。これで牛面のポーズ「ゴームカアサナ」の完成です。

ポーズ中は、足、腕、お尻を意識しましょう。何秒かポーズをキープしたら、ゆっくりと腕、足の順にほどいていきます。呼吸を整えたら、反対側も同様に行ってください。最初は股関節や肩が固くポーズが難しい方でも、繰り返し行ううちに綺麗にポーズが決まるようになるでしょう。

1日5分のゆるヨガ! 牛面のポーズ「ゴームカアサナ」で肩こり改善!の4番目の画像

股関節や肩関節に柔らかさが必要な牛面のポーズ。肩こりや呼吸改善の効果が期待できると言われています。最初は難しいと感じても、無理のない範囲で繰り返し行ううちに体も柔らかくなり、ポーズも決まりやすくなるでしょう。

また、ヨガは続けることが重要です。一度ポーズをすれば劇的に効果があるわけではなく、繰り返し行うことで徐々に効果を実感できます。ポーズが上手くできなくても諦めず、楽しくできる範囲から始めてみましょう。

監修:スタジオ・ヨギー
http://www.studio-yoggy.com/
衣装協力/ヨギー・サンクチュアリ
http://yoggy-sanctuary.com/

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ヨガ・フィットネス」に関する人気記事ランキング