おでかけ動画マガジン

ヨガ・フィットネス

2017年09月09日更新

1日5分のゆるヨガ! 鷲のポーズ「ガルーダアサナ」で骨盤の引き締め!

健康にもリラックスにも役立つヨガ。簡単なポーズからゆるくヨガを始めてみませんか? 今回ご紹介するのは鷲のポーズ「ガルーダアサナ」です。

生活にヨガを取り入れよう

1日5分のゆるヨガ! 鷲のポーズ「ガルーダアサナ」で骨盤の引き締め!の1番目の画像

ヨガマットさえあれば、どこでも取り組めるのがヨガの魅力のひとつ。ヨガのポーズは数多くありますが、その中から初心者の方でも取り組みやすいものをご紹介しましょう。鷲のポーズ「ガルーダアサナ」です。腕と足を絡ませるこのポーズは、肩こり解消・集中力アップ、骨盤の引き締め、二の腕の引き締めに役立ちます。

用意するものは、ヨガマットのみ。また、ストレッチの効いた動きやすい服装が好ましいです。片足立ちで不安定な状態になるため、周囲のものはどけておきましょう。早速鷲のポーズのご説明をします。

腕を絡ませ、さらに足を絡ませる

1日5分のゆるヨガ! 鷲のポーズ「ガルーダアサナ」で骨盤の引き締め!の2番目の画像

リラックスした状態でヨガマットの上に立ってください。ただ立つだけでもポイントを押さえると「ターダアサナ」と呼ばれるヨガのポーズになります。

まずは自分のからだを抱くように、右手を下にして両手で肩甲骨を触ります。そこから腕を絡ませ、まずは手の甲を合わせたら、ゆっくり外して今度は手のひら同士を合わせましょう。

そのままの状態で右足を左足の上に絡めます。左足のふくらはぎが右足の膝の裏に当たる位置でキープしましょう。膝を曲げた状態で足を絡めると安定します。できる方はさらに足を絡ませ、右のつま先を左のふくらはぎへ回しましょう。

ポーズが完成したら反対側も同様に行う

1日5分のゆるヨガ! 鷲のポーズ「ガルーダアサナ」で骨盤の引き締め!の3番目の画像

息を吐きながら、足の付根を後ろに引きましょう。腕は前に出すと安定します。目線は合わせた手の先に持って行きましょう。これで鷲のポーズ「ガルーダアサナ」の完成です。完成したら息を吸いながら、両手足をゆっくりほどき、「ターダアサナ」に戻ります。呼吸を整えたら、次は反対側も同様に行ってください。

鷲のポーズで意識するポイントは腕と足です。出来る範囲で絡ませましょう。左右の骨盤の高さがずれないこと、肩甲骨を広げ背中を開くことがポイントです。

片足立ちで少し不安定な状態になるため、転倒には気を付けてください。若干難易度の高いポーズですが、無理のない範囲で始めてみましょう。徐々に慣れてきたら、足をしっかり絡ませることを意識して行ってください。

二の腕や骨盤の引き締め、肩こり解消に役立つとされるポーズを1日の終わりに行い、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。1日5分から始められる「ゆるヨガ」を毎日の生活に取り入れて、心も体も健康になりましょう。

監修:スタジオ・ヨギー
http://www.studio-yoggy.com/
衣装協力/ヨギー・サンクチュアリ
http://yoggy-sanctuary.com/

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ヨガ・フィットネス」に関する人気記事ランキング