おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年08月31日更新

地元で愛されるカジュアルな本格イタリアン!三軒茶屋「ヨーロッパ食堂」

食材がいつでも手軽に手に入るようになった今だからこそ、旬の味の素晴らしさを知ってほしい…そんな想いで提供するイタリアンはどれも絶品。地元の方からも愛される三軒茶屋「ヨーロッパ食堂」の魅力やおすすめのメニュー、お店のこだわりなどを紹介します。

カジュアルながら絶品のイタリアンを

地元で愛されるカジュアルな本格イタリアン!三軒茶屋「ヨーロッパ食堂」の1番目の画像

お店の外観は古き良き洋食レストランのような装い。店内はどこかアットホームな雰囲気が広がる居心地の良さがあります。
全15席あり、シェフたちが調理をしている姿を眺められるカウンター席も。外にもテーブル席が用意されているので、晴れた日には外でゆったりとランチを過ごすのも良いかもしれません。

肩の力を入れず、ゆったりとくつろげる空間

地元で愛されるカジュアルな本格イタリアン!三軒茶屋「ヨーロッパ食堂」の2番目の画像

「ヨーロッパ食堂」という店名の通り、食堂で気兼ねなくイタリアンをいただけるのがこのお店の魅力。本格派のイタリアンレストランのように高級感があり過ぎず、どこか親しみやすさがあります。
提供される料理はどれも本格的な味で、見た目にも鮮やかなものばかり。素材の味が活きる料理の数々を味わいましょう。

クリーミーなカニの風味を堪能! 渡り蟹のトマトクリームソース

地元で愛されるカジュアルな本格イタリアン!三軒茶屋「ヨーロッパ食堂」の3番目の画像

見ているだけで食欲をそそる鮮やかな「渡り蟹のトマトクリームソース」。蟹は殻ごと使用しており、その出汁をベースに使っているので、蟹の風味を堪能できます。パスタは自家製の生パスタを使用。
濃厚な蟹の風味はそのままにあっさり食べやすく仕上げられているので、女性にもおすすめです。

脂の甘みを味わえる秋田桃豚の肩ロースグリル

地元で愛されるカジュアルな本格イタリアン!三軒茶屋「ヨーロッパ食堂」の4番目の画像

お肉が好きならぜひ頼んでおきたいのが、こちらの「秋田桃豚の肩ロースグリル」。秋田桃豚とは、秋田県にある3箇所の農場で育成されるブランド豚で、淡いピンク色をしているのが特徴です。
たっぷりと脂が乗ったポークを使用しており、口の中でその脂の甘みが広がります。サラダの緑色とポークの赤みが鮮やかな色合いを出すなど、盛り付けも華やかなので、SNS映えするのも嬉しいところでしょう。

素材の味にこだわった本格料理を気軽に

地元で愛されるカジュアルな本格イタリアン!三軒茶屋「ヨーロッパ食堂」の5番目の画像

食堂ならではのアットホームな雰囲気に包まれたお店だからこそ、気張らずにくつろげるのが魅力です。調理している姿が見られるのも、安心して料理をいただけるポイントでしょう。
それでいて提供されるのは、産地直送の食材や旬の食材を使ったこだわりの料理ばかり。その大人な雰囲気と味を楽しみに、30~60代の方を中心に多くの方が訪れています。

「ヨーロッパ食堂」は、東急東横線「三軒茶屋駅」北口、三軒茶屋駅前郵便局の方へ出てまっすぐ北へ向かい、3分ほど歩いた場所にあります。友人とのランチに、恋人とのデートに、女子会に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポット情報

ヨーロッパ食堂

ヨーロッパ食堂

東京都世田谷区太子堂4-18-16 三松ビル1F

03-5856-4750

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング