おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.06.24 | 公開 2018.06.24

終電後も営業! 三軒茶屋「焼肉・ホルモン 喜○味や(きわみや)」の本格韓国料理

東京・三軒茶屋の「焼肉・ホルモン 喜○味や(きわみや)」は、近年注目度の高いホルモンを全面的に押し出した焼肉&韓国料理のレストランです。ホルモンの鮮度、下処理、種類の豊富さは通をも唸らせるとか。本格的な韓国料理とともに、ホルモンの未知の領域を開拓できそうです。

昔ながらの焼肉を、すっきりスタイリッシュに

終電後も営業! 三軒茶屋「焼肉・ホルモン 喜○味や(きわみや)」の本格韓国料理の1番目の画像

三軒茶屋の「焼肉・ホルモン 喜○味や(きわみや)」は、昔ながらのロースター焼肉というスタイルでありながら、洗練された風情の店内。コンクリート打ちっぱなしの壁に、黒で統一したテーブルとイスが、インテリアをすっきり見せています。
「喜○味や」では、スタンダードな焼肉から通好みの種類豊富なホルモン、韓国料理を一度に味わえます。

通がうなる稀少部位も!市場直送の新鮮ホルモン

終電後も営業! 三軒茶屋「焼肉・ホルモン 喜○味や(きわみや)」の本格韓国料理の2番目の画像

精肉はもちろんのこと、種類豊富なホルモンを看板として打ち出している「喜○味や」。ほぼ毎日、市場より直接仕入れてくる食材の鮮度や質には自信を持っているとか。
また、ホルモンをおいしくいただくには適切な下処理が欠かせませんが、各素材別に最も適した技術で時間をかけて処理するので、クセもなく食べやすくなっています。驚くべきなのはその種類の豊富さ。ホルモン通でもめったにお目にかかれないような部位も多く取り揃えているそうです。

ホルモン一番人気は?コリコリ、ジュワ…のアレ!

終電後も営業! 三軒茶屋「焼肉・ホルモン 喜○味や(きわみや)」の本格韓国料理の3番目の画像

数々のホルモンの中で定番の一番人気は、「コプチャン(牛の小腸)(600円)」。韓国の焼きホルモンではとてもポピュラーな部位で、コリコリとしながらも厚みのある脂肪がジュワっと甘みを感じさせます。
色々な種類を少しずつ味わいたいなら、「わがままホルモン5点盛(1,500円)」がおすすめ。17種類のホルモンから好みの5種類をチョイスできます。ホルモンはよくわからない、という方は「おまかせミックス5点盛」をどうぞ。

仕上げにオーダーしたいご飯もの「チャンジャめし」

終電後も営業! 三軒茶屋「焼肉・ホルモン 喜○味や(きわみや)」の本格韓国料理の4番目の画像

「喜○味や」では、インパクトあるホルモンとよくマッチする本格派韓国料理も多く取り揃えています。一品料理で人気トップを誇るのは「チャンジャめし(800円)」。チャンジャとは、キムチ味で漬けこんだタラの内臓です。
お酒にもごはんにもよく合うこのチャンジャと、韓国のり、卵黄をごはんにのせ、ビビンパの要領でよく混ぜていただきます。真っ赤な「ユッケジャンスープ(700円)」を合わせるとより本場気分が味わえそうです。

いつでも、朝5:00まで飲み明かせる!

終電後も営業! 三軒茶屋「焼肉・ホルモン 喜○味や(きわみや)」の本格韓国料理の5番目の画像

平日・週末問わず、朝の5:00までオープンしているので、夜遊びのシメや終電後の夜食&飲み直しにも便利です。「喜○味や」では本生マッコリをはじめ、各種マッコリや韓国焼酎が充実しています。時には時間を気にせず、存分に飲み明かしてはいかがでしょうか?

東急田園都市線「三軒茶屋駅」より徒歩1分。駅チカなのも魅力です。北口A出口から地上に出て信号を渡り、すずらん通りを直進した左手にあります。ワイルドなホルモンにピリリと刺激的な一品料理で、韓国気分を楽しみましょう!

スポット情報

喜○味や 本店

喜○味や 本店

〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-22-12 EDOビル2F

03-3411-8929

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事