おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.05.20 | 公開 2018.05.20

都心から日帰りで収穫体験! 「みやもとファーム」で獲れたてを丸かじり

東京都内に観光農園がある、と聞いたら驚きを隠せないかもしれません。しかも、都心からわずか30分ほどのアクセスで、果物や野菜の収穫体験ができるとしたら? 練馬区高松の「みやもとファーム」では、農作業体験やさまざまな関連プログラムを設けており、畑のレンタルもできる都会のオアシスです。

都心で土に触れ、畑を耕し、収穫の喜びを得られます

都心から日帰りで収穫体験! 「みやもとファーム」で獲れたてを丸かじりの1番目の画像

「みやもとファーム」では、2001年に開園したブルーベリー園を中心に、都心で畑に触れることを目的にさまざまなアプローチを試みています。

日帰りで気軽に利用できることから子連れのファミリーを中心に多くの人々が訪れています。中でも、国内で生のブルーベリーをいただく機会はなかなかないので、ブルーベリー狩りは貴重な体験と言えるでしょう。

農作業未体験者には手厚い指導があるから安心

都心から日帰りで収穫体験! 「みやもとファーム」で獲れたてを丸かじりの2番目の画像

「みやもとファーム」では、畑の1区画を借し出す「野菜教室」を実施しています。野菜作りは未経験という場合も、育てる野菜の品種別にしっかりと事前講習を受けることができるので、不安なくチャレンジすることができます。

そのほか一般開放プログラムとしては、いちごやブルーベリーなどの果物・野菜の収穫体験、豆腐工房の見学など、多くの企画が用意されています。

一度は体験してみたい! ブルーベリー収穫

都心から日帰りで収穫体験! 「みやもとファーム」で獲れたてを丸かじりの3番目の画像

みやもとファームのいちばんの看板となっているブルーベリー摘み取り園。ここでは7種類、300本のブルーベリーを栽培しています。その収穫期は1年のうち、わずか3日(7~8月)しかないといいますが、予約不要の先着順で収穫体験ができます。摘んだブルーベリーは100gあたり200円で持ち帰ることができます。

ジャムにするのもおいしいですが、摘みたてブルーベリーの自然な甘さをその場で味わうのもまた格別。ブルーベリーに限らず、作物の収穫時期や量り売り価格についてはシーズンによって変動するので、事前に問い合わせるのがベターです。

併設のファームレストランで獲れたて野菜を

都心から日帰りで収穫体験! 「みやもとファーム」で獲れたてを丸かじりの4番目の画像

収穫体験や獲れたて野菜の購入だけではなく、併設の「農園レストラン みやもとファーム」では食事を楽しむことができます。ランチタイムは武蔵野うどん、ディナータイムは最上級の和牛を使った焼肉を提供。

もちろん、使用される野菜は農園で収穫されたばかりのもの。窓の外の緑を眺めながら、畑仕事の疲れをゆるりと癒せます。

自家生産の豆腐や蜂蜜も要チェック!

都心から日帰りで収穫体験! 「みやもとファーム」で獲れたてを丸かじりの5番目の画像

併設の豆腐工房「とうふ房きなこ」では、豆腐作りもしています。豆腐は前述の農園レストランで購入可能なほか、工房見学や大豆の種まき、湯葉くみ上げの体験プログラムを催していることもあります。

また、果樹や野菜の受粉に利用するために養蜂も行っており、ハチミツも収穫・販売しています。蜜源となる植物によって、季節ごとに味わいの異なるハチミツができあがるといいます。

都営大江戸線・練馬春日町駅のA2出口より徒歩12分。車の場合は、目白通り(環状8号線)より信号「高松八幡神社」を入ったところになります。

駐車場は30台収容可能です。随時企画されるプログラムをチェックして、気軽に日帰り農業体験をしてみませんか?

スポット情報

みやもとファーム

みやもとファーム

東京都練馬区高松2-15-8

03-3577-3929

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事