おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.05.12 | 公開 2018.05.12

真っ黒なイカスミ麺が絶品! 東京で沖縄気分が味わえる「草花木果」

東京・中目黒で沖縄料理が味わえる「草花木果(そーかぼっか)」。ゴーヤチャンプルーや海ぶどうなど定番の沖縄料理に加え、泡盛やオリオンビール、南国ジュースなど沖縄の食文化を余すことなく堪能できます。沖縄好きな人だけでなく、沖縄出身者にも人気の注目スポットをご紹介しましょう。

懐かしい雰囲気ののれんをくぐると沖縄の風が流れる

真っ黒なイカスミ麺が絶品! 東京で沖縄気分が味わえる「草花木果」の1番目の画像

東京・中目黒駅にほど近い路地裏に、まるで隠れ家のように佇む「草花木果(そーかぼっか)」。木の温もりを感じる建物に掲げられた懐かしい雰囲気ののれんをくぐり中に入ると、沖縄のゆったりとした独特の空気が流れています。

店内には、カウンター席やテーブル席、座敷の他にも個室が用意してあります。貸切で大人数での利用はもちろん、家族連れやデートなど気の置けない仲間との利用にもぴったりです。

忙しい都会の時間が止まったように感じる沖縄料理店

真っ黒なイカスミ麺が絶品! 東京で沖縄気分が味わえる「草花木果」の2番目の画像

沖縄に行くと出会える人々の優しい雰囲気、青い空と海と濃い緑の山々、豆腐や豚肉を使った沖縄料理の数々。何より、まるで時が止まっているかのようなゆったりと流れる不思議な空気。

この空気感をせわしない東京で表現したいとの思いをこめ、まるで隠れ家のような「草花木果」が誕生しました。体にも心にもやさしい、おいしい料理を心ゆくまでゆっくりと楽しめる空間です。

絶品真っ黒麺! 「イカスミソーメンチャンプルー」

真っ黒なイカスミ麺が絶品! 東京で沖縄気分が味わえる「草花木果」の3番目の画像

スパム、ネギ、水菜と一緒に炒めた真っ黒な麺が特徴の「イカスミソーメンチャンプルー」。沖縄料理のソーメンチャンプルーをアレンジした草花木果オリジナルメニューです。

真っ黒な麺は、もともとイカスミを麺に練り込んであるので、食べても歯が黒くなることはありません。定番のソーメンチャンプルーよりも海の味を強く感じることができる一品です。

沖縄のブランド豚を使った「あぐー豚のステーキ」

真っ黒なイカスミ麺が絶品! 東京で沖縄気分が味わえる「草花木果」の4番目の画像

沖縄の温暖な気候で育てられたブランド島豚・あぐー豚は、コレステロールが低いので、体にも優しいのが特徴。キメ細かく柔らかい肉質でうまみ成分が高いため、食べやすく、沖縄の各料理との相性も抜群です。

お店一押しメニューの「あぐー豚のステーキ」は、素材の旨みを味わうため、肉厚に切ったあぐーの肩ロースをじっくり焼き上げています。高い抗酸化作用のあるハイビスカス塩をつけるのがおすすめです。

沖縄料理を通してすべての人が幸せな気持ちになれる

真っ黒なイカスミ麺が絶品! 東京で沖縄気分が味わえる「草花木果」の5番目の画像

東京のような都会にいると忙しさのあまり、ふと足を止めるタイミングがなかなかつかめないという人も多いかもしれません。しかし、中目黒の路地裏に入れば、沖縄のゆるりとした時間の流れる「草花木果」に出会えます。

定番の沖縄料理に合うアルコールは、泡盛は20種類以上、カクテルも多数用意。心ゆくまでゆったりした沖縄の雰囲気を楽しめます。訪れたすべての人が幸せな気持ちになれるような料理を提供してくれるお店です。

東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒駅」の南改札を出て徒歩約2分、小さな路地を入ったところにお店はあります。都会にありながらも、大通りには面していないので、ひとときでも都会の喧騒を忘れる時間を過ごせるのです。沖縄の風を感じたいときには「草花木果」で絶品料理を堪能してみてください。

スポット情報

草花木果

草花木果

東京都目黒区上目黒2-7-11 2・3F

03-5722-1055

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事