おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年09月13日更新

つくりたてをパクリ、個性的なフレーバーが光る最中専門店「一吉」

数ある和菓子の中でも最中の魅力にフォーカスして、そのおいしさを広めている大阪の最中専門店「一吉(ひとよし)」。皮とあんこを自分で選び、その場ではさんでいただくという斬新なスタイルや、愛らしいビジュアルも注目です。大阪・谷町の隠れた名店の魅力をご紹介しましょう。

伝統に時代の創意を吹き込んだ「COOL MONAKA」

つくりたてをパクリ、個性的なフレーバーが光る最中専門店「一吉」の1番目の画像

大阪・谷町筋で控えめにかわいらしく佇む、白い格子が目印の「一吉(ひとよし)」。先人の知恵と日本の伝統美が凝縮した和菓子である最中に、時代に合ったアイディアやアレンジを加え「COOL MONAKA(クール モナカ)」として打ち出しています。手作りにこだわっているため、売り切れ次第営業終了という潔さにも心意気を感じます。

つくりたてをその場でいただく、新しい最中のカタチ

つくりたてをパクリ、個性的なフレーバーが光る最中専門店「一吉」の2番目の画像

「一吉」は、もともと洋菓子を作っていた店主が和菓子の修行をする中で、最中の美しさや味に魅了されて立ち上げたお店です。店名は、「来店するお客様に何かひとつ吉(よいこと)がありますように」という願いをこめて「一吉」と命名。最中が梅の花をかたどっているのも、「福が五梅(=五倍)に増える」といわれる縁起物であるからだそうです。

「日持ちはしなくとも、安心・安全でおいしいものがつくりたい」との考えから、材料は可能な限り国産・有機・無農薬を使用。保存料や添加物も使用しないため、作り立てをその場で味わうスタイルを採用しました。

目移りしそう! 従来の枠を超えたアイディア最中

つくりたてをパクリ、個性的なフレーバーが光る最中専門店「一吉」の3番目の画像

定番の5種類の餡に季節限定をプラスした、10種類以上の最中を展開しています。定番の中でも特に人気なのが、白味噌あんを使った「いちじく味噌餡最中」(230円)。同じく白味噌あんにバターやラムレーズンを加えた「ラムレーズン最中」(250円)も人気。

そのほか「北海道小豆粒餡最中」、「胡麻くるみ最中」、春限定の「桜ビーツ最中」、夏限定の「抹茶最中」「檸檬生姜最中」「昆布塩最中」、秋~冬限定の「モンブラン最中」など、従来の枠にとらわれないアイディアがキラリと光ります。

大切なあの人に、最中の手みやげをもって

つくりたてをパクリ、個性的なフレーバーが光る最中専門店「一吉」の4番目の画像

最中は古くより、高級な贈答用品として親しまれてきたものです。年齢や性別を問わず、また外国の方にも喜んでいただけます。大切な人に会いに行く際、ぜひ手土産としていかがでしょうか? 普段はあまり和菓子を食べないという方でも、ビジュアルが可愛らしく無添加で甘さ控えめなので、きっと喜んでもらえるでしょう。

大阪市営地下鉄谷町線「谷町六丁目駅」4番出口より徒歩約5分です。店舗は谷町筋沿い西側に面しており、向かいに近松門左衛門のお墓があります。伝統や手作りのよさを大切にしながら、新しいアイディアやチャレンジに満ちた最中、ぜひ味わってみませんか。

【会員限定】「涼玉」寒天プレゼント!

特典を表示

スポット情報

一吉

一吉

大阪府大阪市中央区谷町8-2-6 幸福相互ビル1F

06-6762-2553

特典あり

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング