おでかけ動画マガジン

ホテル・宿

2017年09月13日更新

奥ゆかしさと新しさの融合! 「KUSHUKU KYOTO HOSTEL」で京都に酔いしれる

京都市南区で、新たな宿泊スポットとして人気を集めているのが「KUSHUKU KYOTO HOSTEL(クシュクキョウトホステル)」です。歴史ある京都の街に自然となじむレトロな印象と、現代のアーティスティックな印象をうまく組み合わせたのがこのホステルの特徴。ゆったりとした時間を過ごすのにぴったりの場所です。

「KUSHUKU KYOTO HOSTEL」で進化形の京町屋を満喫

奥ゆかしさと新しさの融合! 「KUSHUKU KYOTO HOSTEL」で京都に酔いしれるの1番目の画像

京町屋の造りをモチーフにした「KUSHUKU KYOTO HOSTEL(クシュクキョウトホステル)」には、京都らしさがギュっと凝縮されたような空間が広がっています。これぞ京町屋と言わんばかりの外観は、観光客が思わず足を止めてしまうほど。

一歩足を踏み入れると、館内には和の魅力がたくさん。日本らしさが詰まったこのホステルは、外国人観光客からも人気を集めています。

1日1組限定でプライベートな時間をゆったりと満喫

奥ゆかしさと新しさの融合! 「KUSHUKU KYOTO HOSTEL」で京都に酔いしれるの2番目の画像

大きな白いのれんをくぐり抜けて館内へ進むと、目の前には広々とした和の共有スペースが広がっています。町屋の縦長な造りを生かした畳の広間は、ゆっくりとくつろぐのにぴったりの場所。

チェックインしたあとは狭い部屋にこもりっきりになりがちなホテルとは違い、まるで自分の家にいるかのようにリラックスした時間を過ごすことができます。

京都の伝統職人による技が散りばめられている

奥ゆかしさと新しさの融合! 「KUSHUKU KYOTO HOSTEL」で京都に酔いしれるの3番目の画像

この宿の特徴は、京町屋をベースとした建物だけでなく装飾や骨董などにも京都らしさを散りばめているところです。なかでも目を引く大きな提灯は、京都の老舗提灯店である小嶋商店に特注で依頼。

壁に使用している和紙は、京表具氏として活躍している井上雅博氏に依頼するなど、細かい部分にも京都らしいこだわりが見られます。

伝統技術と現代技術を融合させた魅力的な空間

奥ゆかしさと新しさの融合! 「KUSHUKU KYOTO HOSTEL」で京都に酔いしれるの4番目の画像

京都の魅力が凝縮されたこの宿は、古き良きものだけでなく新しいものもあわせて取り入れることでオリジナルの魅力を発揮しています。京町屋の特徴ともいえる「梁」を強調しながらも、同じ空間に最新の設備を取り入れるなどして独特の空間を演出。

京町屋の素朴さに、現代の魅力をうまくミックスさせています。絶妙のバランスで古さと新しさが混ざり合う、新感覚のホステルです。

癒しのひとときだけでなく芸術センスも磨ける宿

奥ゆかしさと新しさの融合! 「KUSHUKU KYOTO HOSTEL」で京都に酔いしれるの5番目の画像

共有スペースやゲストルーム内に展示されている、さまざまなアート作品。このホステルでは、京都の伝統的な建築だけでなくさまざまな和のアート作品も取り入れています。

ダイナミックな日本画が描かれた屏風や、京都の伝統技術が施された骨董品などを展示。京都観光だけでなく、アートに興味がある人にとっても魅力的な場所です。

京都駅から徒歩10分でたどり着けるので、観光客にも立ち寄りやすい場所です。1日1組限定となっているので、旅行の日程が決まったら早めに予約するのがおすすめです。

スポット情報

KUSHUKU KYOTO HOSTEL

KUSHUKU KYOTO HOSTEL

京都府京都市南区東九条東御霊町31-2

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ホテル・宿」に関する人気記事ランキング