おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年09月04日更新

江戸時代から愛されてきた東京の名品! 歴史ある上品な甘味処「言問団子」

東京都墨田区向島にある「言問団子(ことといだんご)」は、江戸末期創業の歴史情緒あふれる老舗の団子屋です。江戸時代から変わらない製法で作り出す上品で程よい甘みは、遠方からわざわざ訪れるファンもいます。こだわりの原料を使った飾り気のないおいしさが、長く愛されてきた東京の名店。

時の流れを感じる店内で味わう優しい甘さの団子

江戸時代から愛されてきた東京の名品! 歴史ある上品な甘味処「言問団子」の1番目の画像

「言問団子」は、歴史情緒あふれる暖簾をくぐると、時代を遡ったかのようなどこか懐かしい甘味処の雰囲気を感じることができます。隅田川沿いにあるため、散歩の合間にふらっと立ち寄る人も多いです。

メニューは、お店の看板メニューでもある「言問団子」と、手土産に便利な「言問最中」の2種類のみ。ゆったりとした時の流れの中で味わう、上品な甘さは格別。

老舗ならではの趣ある店内は、歴史好きにもおすすめ!

江戸時代から愛されてきた東京の名品! 歴史ある上品な甘味処「言問団子」の2番目の画像

江戸時代末期、植木屋を営んでいた当時の創業者が団子を作って振舞ったところ、評判が良かったため商売として始めたのがお店の原点。シンプルな甘さと串に刺さずに爪楊枝を使っていただくスタイルは、創業以来変わっていません。

言問団子というのは、その昔、古今和歌集の歌人でもある在原業平朝臣が、東国を旅していた際に読んだ和歌にちなんで名づけられました。団子を頬張ると、文学の香りを感じさせる雅な名称も相まって、まるでタイムスリップしたかのような感覚を楽しむことができます。

時代を超えて愛される名物メニュー「言問団子」

江戸時代から愛されてきた東京の名品! 歴史ある上品な甘味処「言問団子」の3番目の画像

店名にもなっているこのお店の定番商品。白餡、小豆餡、味噌餡の3種類の餡に、もっちりとした白玉が包まれています。原料にもこだわった餡は、少量でもしっかりと豆の存在感を感じられる一品。

余分なものをすべて省き、上品な甘さと滑らかな食感が際立つその味は、長い歴史の中で多くの人が愛したのもうなずける感動のおいしさです。

コロンとした都鳥の中には餡がたっぷり「言問最中」

江戸時代から愛されてきた東京の名品! 歴史ある上品な甘味処「言問団子」の4番目の画像

もう一つの商品である「言問最中」。都鳥の形の皮の中には、餡が隙間なくぎっしりと詰められています。餡は小豆餡と白餡の2種類あり、手の中に収まるほどの可愛らしいサイズながら、しっかりと満足感を与えてくれる最中です。

「言問団子」が一日しか日持ちしないため、手土産にできるお菓子を作ろうということで生まれたのが「言問最中」。東京土産としてもおすすめです。

江戸時代から愛されてきたシンプルで本物の味

江戸時代から愛されてきた東京の名品! 歴史ある上品な甘味処「言問団子」の5番目の画像

創業以来、品数を増やさず、製法を変えずにずっと続いてきたのは、その味が多くの人に愛されてきた証拠です。余計なものをいれないシンプルなおいしさが、訪れた人の心をほっとさせてくれます。

団子のおいしさはもちろんですが、店内にも歴史を感じさせるものが飾ってあり、眺めているだけでも現実を忘れさせてくれる空間も魅力のひとつ。東京観光の際には、ぜひ味わってほしい東京の名品です。

東武伊勢崎線東京スカイツリー駅から徒歩12分。店舗駐車場はないため、来店時には公共交通機関を利用しましょう。東京スカイツリーや浅草からも近い場所にあり、東京散策のスポットとしても人気のお店。言問団子の上品な甘さと可愛らしい見た目は、ほっと一息つきたいときにぜひ立ち寄ってみてください。

スポット情報

言問団子

言問団子

東京都墨田区向島5-5-22

03-3622-0081

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング