おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.23 | 公開 2017.10.23

美容・健康に効果あり! 大注目の自然薯料理を、中目黒 「自然薯 はた屋」で味わう

美味しく、体にもいい食材として定着した自然薯(じねんじょ)。中目黒にある「自然薯 はた屋」では、自然薯を主役とした多彩なメニューを楽しむことができます。独特のねばトロ食感の自然薯料理はクセになるおいしさ。こだわりの食材と自然薯のコラボはここでしかいただけない必見メニューです。

落ち着きのある和の空間で楽しむ自然薯料理

美容・健康に効果あり! 大注目の自然薯料理を、中目黒 「自然薯 はた屋」で味わうの1番目の画像

「自然薯 はた屋」は、中目黒にあるビルの2Fにあるお店。一歩お店に入ると、和の心を感じさせる内装が迎えてくれます。

杉の一枚板が豪快に使われたテーブルは、高級感がありながら、木の温もりが優しい雰囲気。暖かく柔らかい光が印象的な照明には、和紙が使われています。和紙は栃木県の工房で作られているもので、この和紙に惚れ込んだ店主が特別にオーダー。暖かい照明に包まれたお店は、訪れるだけで心がほぐれるようです。

日本古来のスーパーフードを、より多くの人に広めたい

美容・健康に効果あり! 大注目の自然薯料理を、中目黒 「自然薯 はた屋」で味わうの2番目の画像

自然薯と聞いて、山芋を連想する人も多いのではないでしょうか。自然薯は山芋とは品種を別にする、日本古来のものです。独特の粘り気が特徴で、その粘り気の中には多くの養分が含まれています。

安定した栽培が難しく、市場でも高値で取引される自然薯ですが、現代でも多くの人に楽しんでもらいたいという店主の強い思いが、安定した仕入れルートの確保に繋がりました。

沢庵の食感がアクセント! 「自然薯のばくだん」

美容・健康に効果あり! 大注目の自然薯料理を、中目黒 「自然薯 はた屋」で味わうの3番目の画像

数ある自然薯メニューに、どれにしようか迷ってしまったらおすすめしたいのが「自然薯のばくだん」です。まるでお餅のようなモチっとした食感の自然薯の生とろろがベース。そこにオクラ、納豆、わさび、沢庵を一緒に混ぜ込んで、特製のあまだれで仕上げます。

自然薯と納豆の粘り気に、沢庵のコリコリした食感が絶妙なアクセントとなっている逸品。シンプルに自然薯の美味しさを楽しめると評判です。

高級食材まぐろと自然薯のコラボも見逃せない!

美容・健康に効果あり! 大注目の自然薯料理を、中目黒 「自然薯 はた屋」で味わうの4番目の画像

「本まぐろのカルパッチョ自然薯あさつきソースがけ」は、高級食材のまぐろと自然薯のコラボが実現した、贅沢な逸品です。

まぐろは、本来の美味しさを逃がさないようカルパッチョに仕立て、オイル漬けの根菜ソースで味付けします。とろろにした時とはまた違う顔を見せるのは、細長く切りそろえられた自然薯。仕上げに散りばめられたあさつきの緑が、まぐろの赤と美しい対比を見せ、あっさりした風味をプラスしています。

食材だけに留まらない、自然薯を楽しむためのこだわり

美容・健康に効果あり! 大注目の自然薯料理を、中目黒 「自然薯 はた屋」で味わうの5番目の画像

自然薯を多くの人に親しんでもらえるよう、店主のこだわりは至る所に光ります。自然薯をすりおろすのに使われるすり鉢は土焼きのものを使用。すりおろした時に自然薯が酸化するのを防ぐため、山椒の木で更にすります。

自然薯は、自分ですりおろすことも可能。他では見ることのできない独特のねばりを体験できるのも、自然薯はた屋ならではの嬉しいポイントです。

地下鉄日比谷線・東急東横線の「中目黒駅」から徒歩4分の場所にお店はあります。心癒される和の空間で、貴重な自然薯料理を楽しめるお店は都内でもめったにお目にかかれません。心身ともにエネルギーチャージできるお店です。

スポット情報

自然薯 はた屋

自然薯 はた屋

東京都目黒区青葉台1-20-2 2F

03-6416-4964

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事