おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年09月08日更新

大阪・新世界が誇る伝統の味「千成屋珈琲」のミックスジュースが復活!

大阪・新世界の喫茶店「千成屋珈琲」は、ミックスジュース発祥の地。このたび「千成屋フルーツパーラー」が併設され、テイクアウトが可能になりました。濃厚ミックスジュースがたっぷりかかったシャリシャリかき氷にふんわりエスプーマが乗った「ミックスジュースフラッペ」を味わってみてください。

新世界の「千成屋珈琲」はミックスジュース発祥の地

大阪・新世界が誇る伝統の味「千成屋珈琲」のミックスジュースが復活!の1番目の画像

通天閣が有名な大阪・新世界にある「千成屋珈琲」は、昭和感があるレトロな喫茶店。フレッシュフルーツ数種類を原材料につくる「ミックスジュース」発祥の地として知られています。
「千成屋珈琲」は3代目店主の体調不良のため一度は閉店しましたが「新世界の伝統を存続させたい」という熱い思いにより2017年5月に再オープンを果たしました。隣にはテイクアウトのできる「千成屋フルーツパーラー」が併設されています。

ミックスジュースは「もったいない」精神から生まれました

大阪・新世界が誇る伝統の味「千成屋珈琲」のミックスジュースが復活!の2番目の画像

「千成屋珈琲」の創業は1948年(昭和23年)のこと。初めは果物屋だったこちらのお店、完熟して店頭に出せなくなった果物をどうにか有効利用できないかと初代店主の常川一郎さんが考えた末に、ミキサーでジュースにすることを考案。
完熟果物の美味しさを活かした新食感ドリンクは「美味しい!」とたちまち評判になりました。そして他の喫茶店でもメニューに加えられるようになり、今では大阪名物としてすっかり定着しています。

ひんやりフルーティー!「ミックスジュースフラッペ」

大阪・新世界が誇る伝統の味「千成屋珈琲」のミックスジュースが復活!の3番目の画像

イチ押しは、名物ミックスジュースを使った「ミックスジュースフラッペ」(980円)。再オープンと共に登場した新メニューです。濃厚につくられたミックスジュースシロップがかき氷にかけられ、カットフルーツをふんだんにトッピング。
その上にふわふわのエスプーマが乗せられます。フルーティーな甘味と酸味がたっぷり味わえるかき氷です。

伝統の味そのままの「大阪名物! ミックスジュース」

大阪・新世界が誇る伝統の味「千成屋珈琲」のミックスジュースが復活!の4番目の画像

元祖「大阪名物! ミックスジュース」(500円)はぜひとも味わってほしい一杯。バナナとリンゴ、ミカン、黄桃をベースに、細かく砕いた氷を入れてシャリシャリ感をプラスするのが昔からの特徴です。お味はミルク感軽めでさっぱりフルーティー。
濃厚ミックスジュースがそのままソフトクリームになった「贅沢ミックスジュースソフトクリーム」(500円)もぜひ味わってほしいところです。

大阪名物「ミックスジュース」は世界に羽ばたく!

大阪・新世界が誇る伝統の味「千成屋珈琲」のミックスジュースが復活!の5番目の画像

「千成屋珈琲」のミックスジュースは、戦後の新世界を舞台に生まれ、代々継承された伝統の味。根底には大阪商人の「始末の精神」が息づいています。
果物の本当に美味しい時期を逃さず活用したミックスジュースは、長い時を経て今でも人々に愛され続けているのです。伝統の復活に成功した現店主は、「ミックスジュース」を大阪の昭和的食文化「串カツ」と同様、世界中に広めたいと情熱を注いでいます。
「千成屋珈琲」は地下鉄御堂筋線の動物園前駅で下車、1号出口から出て徒歩2分で到着します。昔ながらの街並みを残した新世界にはほとんど駐車場がないので注意。隣の千成屋フルーツパーラーではテイクアウトができるので、名物フルーツジュースを片手に新世界観光を楽しんではいかがでしょうか。

スポット情報

千成屋珈琲

千成屋珈琲

大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-15

06-6645-1303

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング