おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年09月09日更新

何度も通いたくなる南船場のオシャレ洋食店「SANGEN」で老舗の味を堪能

大阪の南船場にある「Restaurant SANGEN(サンゲン)」は、昔ながらの良さを保ちつつ、食を通じて季節感を味わうことができる洋食欧州料理店です。独自にアレンジした料理には、厳選した黒毛和牛フィレ肉などを使用しており、質の高い料理を提供しています。多くの人に愛される洋食レストラン「SANGEN」のご紹介です。

緑の映えるレンガ造りのおしゃれな洋食レストラン

何度も通いたくなる南船場のオシャレ洋食店「SANGEN」で老舗の味を堪能の1番目の画像

大阪・南船場、レンガ造りの外壁がなんともかわいらしくおしゃれな雰囲気の「Restaurant SANGEN(サンゲン)」。店先の黒板に書かれたメニューの数々には、長年愛され続けているお店自慢のメニューが並び、訪れる人の食欲を刺激しています。

深いブラウンのウッディーなテーブルと椅子が並び、落ち着きのある老舗の雰囲気を感じられる店内。オープンキッチンの中では調理師たちによって手際よく料理が作られていて、常に活気で満ちた居心地の良い雰囲気です。

住吉区の有名洋食店の姉妹店として1997年にオープン

何度も通いたくなる南船場のオシャレ洋食店「SANGEN」で老舗の味を堪能の2番目の画像

「SANGEN」のルーツは、住吉区で80年以上の歴史を誇る老舗洋食店。その姉妹店として1997年にオープンし、2017年には20周年を迎えました。今では、OLからサラリーマン、家族連れ、カップル、接待など、老若男女問わず幅広い客層から愛される老舗の洋食店へと成長しました。

その愛される理由は、妥協を許さず、常に初心を忘れずに作り続けた美味しい洋食を提供してきたことです。子どもからお年寄りまで、どの世代からも求められる味を作り続けてきた洋食店は、多くの人を虜にしてきました。

ヘルシーなほくほくとろとろの「山芋のグラタン」

何度も通いたくなる南船場のオシャレ洋食店「SANGEN」で老舗の味を堪能の3番目の画像

人気メニューのひとつ「山芋のグラタン」は、バターライスの上にふわふわの山芋ソースをたっぷりとかけて焼き上げられたひと品。

小麦粉を一切使わず、山芋のデンプン質を利用して作る、とてもヘルシーで滑らかな口当たりのグラタンです。

丁寧な仕込みで作られた「ローストポークのサラダ」

何度も通いたくなる南船場のオシャレ洋食店「SANGEN」で老舗の味を堪能の4番目の画像

「ローストポークのサラダ」は、豚肩ロースにたっぷりの野菜を添えた一皿です。8時間低温でローストしたしっとり柔らかいポークに、20種類以上の新鮮なサラダはとてもヘルシーでボリューミー。

オリジナルのソースとローストポークをよく絡めて食べれば、フレッシュな野菜と肉の旨味が口の中でじわーっと広がります。

これまで以上にこれからも愛される洋食店として

何度も通いたくなる南船場のオシャレ洋食店「SANGEN」で老舗の味を堪能の5番目の画像

昔ながらの洋食を提供しつつ、新しい料理も創り出し、飽きの来ないメニュー作りを続けていきたいと語る店主。土日・祝日も営業しているので、休日に家族で出かけやすいのもうれしいポイントです。これまでも、これからも長く愛されるよう日々進化していく「SANGEN」から目が離せません。

大阪市営地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」から徒歩で3分と、アクセスは抜群です。目印として、チサンホテルの真裏の角にお店があります。大阪に住む人にはもちろん、観光で大阪へ訪れた際にぜひ正統派の洋食店へ足を運んでみてください。

スポット情報

Restaurant SANGEN

Restaurant SANGEN

大阪府大阪市中央区南船場2-3-17 ヴェルデ南船場 1F

06-6261-3338

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング