おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.09.08 | 公開 2017.09.08

和洋20種のオリジナルあんが画期的! 心斎橋の和スイーツ専門店「アズ アン」

あん専門の和スイーツ店「アズ アン」は、大阪の心斎橋や御堂筋から徒歩圏内にあります。季節の果物やバラなどをベースに約20種のオリジナルあんを揃え、「和だけど洋」な独創的な和スイーツを提供。ギフトにおすすめなうえ、カフェスペースで味わう季節限定メニューも見逃せません!

和モダンなカフェスペースと充実のイートインメニュー

和洋20種のオリジナルあんが画期的! 心斎橋の和スイーツ専門店「アズ アン」の1番目の画像

2007年6月に大阪市中央区にオープンした「アズ アン」は、あんが主役という業界初の和スイーツ専門店。店舗内にはカフェスペースも設け、改装を経て徐々に座席数を増やしながら、イートインメニューも増えています。

朱色がかった赤と、壁と椅子で統一した木の縦格子が印象的なインテリアは、日本の伝統様式を取り入れた和モダン風に仕上がっています。

きっかけは「自分達の食べたい和スイーツ」

和洋20種のオリジナルあんが画期的! 心斎橋の和スイーツ専門店「アズ アン」の2番目の画像

「アズ アン」の前身である「AZUKISWEETS」は、「自分達の食べたい和スイーツ」をコンセプトに2006年に誕生。移動自転車カートで販売するという新しいスタイルが話題を呼び、テレビや新聞・雑誌などのメディアにも大きく取り上げられました。

現在の「アズ アン」に並ぶ約20種類のスイーツは、フードコーディネーターの山口まさみさんと、女性スタッフによる開発チームが企画提案を担当。あんが苦手な人でも食べられる和スイーツ! と好評を得ています。

オリジナルあんソースが決め手!「ロールケーキ」

和洋20種のオリジナルあんが画期的! 心斎橋の和スイーツ専門店「アズ アン」の3番目の画像

旬の期間限定フルーツ、または「アズ アン」オリジナルのバラあんで作るロールケーキは、紅茶にもコーヒーにも合います。写真は、白あんといちごピューレをあわせた「いちごあんロール」(1カット250円、飲み物付きセットメニューは550円)。

いちごのツブツブ感と、まるで果肉を搾ったままのような風味と食感が楽しめます。生地に紅茶が練りこまれた「バラあんロール」も同店の人気メニュー。バラのほのかな香りにあんの甘みがマッチした、このお店でしか味わえないオリジナルの1品です。

「あんラスクセット」はイートインでも持ち帰りでも

和洋20種のオリジナルあんが画期的! 心斎橋の和スイーツ専門店「アズ アン」の4番目の画像

手作りラスクに好きなあんをトッピングする「あんラスクセット」(ドリンク付きで600円)は、サクッとしたラスクの食感とあんの風味がクセになりそうなおいしさです。お店のイチ押しは「バラあん」のトッピング。

また、暑い季節には爽やかな「レモンあん」もおすすめです。ラスクのパンは、こだわりのパンで評判の「パンデュース」のものを使用。バターと塩、2種類のラスクにつけてお召し上がりください。

創業時から変わらない独創性とオリジナリティー

和洋20種のオリジナルあんが画期的! 心斎橋の和スイーツ専門店「アズ アン」の5番目の画像

移動販売カート時代から店舗を構えるようになった現在まで、「アズ アン」は「食べてみたい和スイーツ」作り続けています。

新商品開発にいそしむ一方で、オリジナルのあんを包んだひと口サイズの大福「アズキスイーツ」など、創業当時から人気の味は変わらず健在。カートを使っての移動販売も継続中で、より多くの人にその独創性ある和スイーツを届けます。

地下鉄各線・本町駅15番出口より徒歩3分。御堂筋を南下し、北久宝寺町3を西へ向かいます。2筋目のガソリンスタンドを南に入り、向かって左側の3軒めにあります。

あんが苦手な人でも食べられると評判の「アズ アン」の和スイーツは、手土産にもきっと喜ばれることでしょう。ほかでは味わえないオリジナリティー溢れる甘味を、ぜひ試してみませんか。

スポット情報

アズ アン

アズ アン

大阪府大阪市中央区北久宝寺町4-2-3 イワイビル1F

06-6241-0071

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事