おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.09.22 | 公開 2017.09.22

創業60年超の名店! 「インディアン本店」で支那そばとカレーを味わおう

東京・蓮沼にある「インディアン本店」は、支那そばとカレーの2つのメニューが味わえるお店です。創業以来60年以上、この2本柱で勝負を続けてきた「インディアン本店」。他ではなかなか見られないこの組み合わせの誕生秘話をはじめ、お店の魅力に迫ります。

大きな看板が目印! 1人でも入店しやすい雰囲気の店

創業60年超の名店! 「インディアン本店」で支那そばとカレーを味わおうの1番目の画像

東京・蓮沼にある「インディアン本店」。ビルの1Fにあるお店は、グレーのタイル貼りの外観です。「武田流支那そば、古式カレーライス、インディアン」の文字が並んだ、大きな白い看板が目印。

黄色い枠のガラス扉から入店すると、シンプルな内装の空間が広がります。テーブル席だけでなくカウンター席もあるので、1人で訪れ、サクッと食事を済ませたいときに活用しやすいでしょう。

町の洋食屋さんから転身! 現在のスタイルへ

創業60年超の名店! 「インディアン本店」で支那そばとカレーを味わおうの2番目の画像

お店の創業は1955年。以来60年以上もの長い年月、お客に愛されているお店です。

当初はカレーを中心メニューに、町の洋食屋さんとして営業していました。当時からコンソメスープの代わりに出していた塩味のスープが評判でした。そのスープに麺を入れて提供したところ人気を博し、現在に至ります。こうして、現在の「カレーと支那そば」の2つのメニューを販売するスタイルが確立されました。

大型連休ともなると、遠方からも評判を聞きつけて訪れるお客も多くいます。

スッキリとしたスープのうまみが感じられる「支那そば」

創業60年超の名店! 「インディアン本店」で支那そばとカレーを味わおうの3番目の画像

「支那そば」は「インディアン本店」の人気メニュー。味の決め手となる黄金色に輝くスープは、魚介と野菜のうまみが感じられ、シンプルながらも味わい深い仕上がりです。焦がしネギの風味が、味のアクセントになっています。

クリアスープの上には焼豚にメンマ、卵に小松菜がのっており、スッキリとしたビジュアルです。焼豚が3枚にボリュームアップした、「焼豚そば」も人気があります。サラリとしたのど越しのスープは、思わず最後の一滴まで飲み干してしまうことでしょう。

「支那そば」とセットで食べたい「カレーライス」

創業60年超の名店! 「インディアン本店」で支那そばとカレーを味わおうの4番目の画像

「カレーライス」は濃厚でコクが深い、看板メニュー。3日間かけてじっくり炒めた玉ねぎやフルーツをたっぷり使って作った自慢のルーは、コクが深く、素材のうまみが詰まっています。

「支那そばと半カレーセット」は、人気の両メニューが食べられるだけあり、なんとお客の8割ほどが注文するほどの人気ぶりです。さっぱりとした口当たりの支那そばと、濃厚なカレーの組み合わせは、一緒に味わうと病みつきになります。

「インディアン本店」のよくばりセットをぜひ!

創業60年超の名店! 「インディアン本店」で支那そばとカレーを味わおうの5番目の画像

「変わらない味を末永く提供していきたい」と店主が語る「インディアン本店」は、創業100年を目指して営業しています。店内は座席と座席の間が広いため、ベビーカーや車いすでもゆったりと食事をいただくことができるのもうれしい点。

いずれかを単品で注文するのも良いですが、やはり両方の味を楽しめるセットメニューがおすすめです。おいしさの相乗効果で、2品ともあっという間にお腹の中に消えていくことでしょう。

「インディアン本店」は東急池上線「蓮沼駅」から徒歩1分ほどの場所にあり、そのアクセスの良さも人気の理由のひとつです。あなたもさらりとした口当たりの「支那そば」と、コクのある「カレーライス」を味わってみませんか。

スポット情報

インディアン本店

インディアン本店

東京都大田区西蒲田6-26-3 SSビル 1F

03-3738-1902

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事