おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.09.15 | 公開 2017.09.15

沖縄の海辺を一望できる「浜辺の茶屋」で、ゆったり贅沢な旅のひと時を満喫

沖縄県の南城市にある「浜辺の茶屋」は、その名の通り、浜辺で海を眺めながらゆったりとした時間を過ごせるお店です。目の前に海が広がる絶景を眺めながら楽しめる料理は、どれも手の込んだ絶品。海の景色と、波の音とともに、南国気分に浸ることができます。

砂浜からアクセスできるオーシャンビューが魅力

沖縄の海辺を一望できる「浜辺の茶屋」で、ゆったり贅沢な旅のひと時を満喫の1番目の画像

沖縄県の南城市にある「浜辺の茶屋」。手作り感溢れる木のぬくもりたっぷりのお店には、砂浜から階段で上がることができます。

外光がたっぷり降り注ぐカウンター席は、全席オーシャンビューで、開け放たれた窓から潮風を感じることができる空間。1階にはテラスがあり、日光浴を楽しむことも可能です。砂浜のある波打ち際のテーブルで、のんびり過ごすことができます。

海沿いの街で、沖縄の自然を全身で感じられる空間

沖縄の海辺を一望できる「浜辺の茶屋」で、ゆったり贅沢な旅のひと時を満喫の2番目の画像

那覇市内から車で30分ほどのところにある玉城市。海と昔ながらの神社仏閣が魅力の街です。

オーナー夫婦がここにお店を構えると決めた時、周囲には海以外何もありませんでした。「わざわざこんな場所までコーヒーを飲みにくる人なんていないだろう」と言われていた当時。現在では、国内のみならず、海外からも多くのゲストが訪れる穴場スポットとなりました。

色鮮やかな野菜たちを、自家製カンパーニュでサンド

沖縄の海辺を一望できる「浜辺の茶屋」で、ゆったり贅沢な旅のひと時を満喫の3番目の画像

お店には南国気分を盛り上げてくれるメニューが揃っています。中でも「たっぷり野菜のカンパーニュサンド」は、人気メニューのひとつ。

姉妹店「山の茶屋楽水」の石窯で焼いた自家製カンパーニュは、小麦の甘みが優しい味わいで、レタスやパイン、トマトの彩りが、白いカンパーニュを鮮やかに飾ります。オリーブオイルとスパイス、クリームチーズが素材のうま味を引き立てている逸品です。

デザートには、ヨーグルトがおすすめ。新鮮なフルーツとヨーグルトのまろやかな酸味が絶妙にマッチしています。

まさに南国! フォトジェニックなドリンクは必見

沖縄の海辺を一望できる「浜辺の茶屋」で、ゆったり贅沢な旅のひと時を満喫の4番目の画像

「ハイビスカスとパッションフルーツのセパレートティー」は、フォトジェニックで南国気分満点の人気メニュー。琉球花紅茶とパッションフルーツジュースを静かにグラスに注ぐことで、赤と黄色の鮮やかなグラデーションが現れます。飲んでしまうのがもったいないほど、美しいドリンク。

海とともに、セパレートティーの写真を撮れば、沖縄らしい旅の思い出になるでしょう。

自然と調和し、自然の魅力を感じてもらいたい

沖縄の海辺を一望できる「浜辺の茶屋」で、ゆったり贅沢な旅のひと時を満喫の5番目の画像

沖縄の自然を、なるべくそのままの形で感じてほしいという思いが込められた素敵なお店。海をのんびり眺められるよう設計された店内には、沖縄らしいゆるやかな時間が流れます。一杯ずつハンドドリップで淹れられるこだわりのコーヒーや、毎朝手作りされるスコーンなど、一つひとつ丁寧に作られたメニューも魅力のお店。

海と、心のこもった食べ物で心満たされるお店として、多くの人を魅了し続けています。

那覇空港から車で40分、那覇市内から車で30分の場所にあるお店。お店に近づくにつれ、あたりの風景が一面のサトウキビ畑に変わっていく様子も楽しめます。沖縄に来たならぜひ訪れたい、海を贅沢に満喫できるスポットです。

スポット情報

浜辺の茶屋

浜辺の茶屋

沖縄県南域市字玉城2-1

098-948-2973

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事