おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.09.18 | 公開 2017.09.18

お肉の個性で北海道を旅する気分を味わえる「ノースコンチネント - 宮の森」

北海道の味覚といえば魚介と思っていませんか? 実はお肉も絶品です。札幌にある「North Continent‐MIYANOMORI‐(ノースコンチネント みやのもり)」では、北海道で育まれた様々なお肉をハンバーグで味わえます。季節感とバリエーションに富んだ北海道のお肉を味わって、広大な北の大地に思いを馳せてみませんか。

おしゃれな空間で北海道のお肉の個性を楽しむ

お肉の個性で北海道を旅する気分を味わえる「ノースコンチネント - 宮の森」の1番目の画像

札幌にある「North Continent‐MIYANOMORI‐(ノースコンチネント みやのもり)は、壁面のグリーンが印象的な外観。店内はナチュラルな雰囲気が漂い、ゆったりとくつろぐことができます。テーブル席の他、カウンター席も用意。カウンターの向こうでお肉が焼ける様子が伺えます。

おだやかでおしゃれなお店は「カフェでは物足りず、お酒の席でもない」というときにピッタリ。夏は爽やかな風を感じ、冬は雪明りを眺めながら「お肉の個性で北海道を旅する」気分を味わうのはいかがでしょうか。

5種類から選べるお肉が嬉しいハンバーグ

お肉の個性で北海道を旅する気分を味わえる「ノースコンチネント - 宮の森」の2番目の画像

「色々チーズの濃厚ハンバーグ 十勝ハーブ牛」は創業から不動の人気商品です。5種類のお肉と8種類のソースから好きな組み合わせを選べ、どれにしようか迷ってしまいます。

ブルー、カマンベール、チェダー、モッツァレラなど様々なチーズをふんだんに使用した、コクのあるチーズソースが好評。温めた鍋のまま提供されるので、長い時間とろけるチーズソースを楽しめます。

かみふらのポークが持つ魅力を引き出した一品

お肉の個性で北海道を旅する気分を味わえる「ノースコンチネント - 宮の森」の3番目の画像

「梅の<煎り酒>和風ソースかみふらのポーク」は大根おろしと大葉、たたき梅を添えてあり、アッサリといただけます。強い旨味と甘い脂が特長のかみふらのポークの薄切りを巻いて仕上げました。

鉄板でじっくりと焼き上げられたお肉は、口の中に入れるととろけるような食感が楽しめます。好みで大根おろしなどを乗せて味の変化も楽しみましょう。

ヘルシーなエゾ鹿を特製デミグラスソースでいただく

お肉の個性で北海道を旅する気分を味わえる「ノースコンチネント - 宮の森」の4番目の画像

「八丁味噌とプルーンのデミグラスソース エゾ鹿」は、長期熟成した八丁味噌ベースのデミグラスソースが味わい深い一品。プルーンがソースに自然な甘みをもたらしてくれます。

大自然で育まれたエゾ鹿は高たんぱく、低カロリーでヘルシーなのに赤みの旨味も強いお肉。エゾ鹿のハンバーグに手間暇かけて作られたデミグラスソースが見事にマッチし、ソースと肉の旨みの両方を楽しめる一品です。

北海道の広大な大地で育まれたお肉をいただく

お肉の個性で北海道を旅する気分を味わえる「ノースコンチネント - 宮の森」の5番目の画像

「お肉の個性で北海道を旅する」をコンセプトに営業しているハンバーグ専門店です。牛・豚・鶏のポピュラーなお肉はもちろん、鹿、羊、合鴨など北海道ならではのお肉も使用しています。

季節を感じられるバリエーション豊富なお肉を、個性を生かした10種類以上のスパイスと、こだわりの塩、天然素材で仕上げ、鉄板で焼き上げるのがオーナーのこだわり。素朴でぬくもりのある店内で、北海道各地の味を楽しんでいただけます。

札幌市営地下鉄東西線「西28丁目駅」2番出口から徒歩3分の場所に位置します。マンションの1階部分が店舗になっており、大きな看板等はないので店の壁を這うグリーンを目印にしましょう。広大な大地に育まれたお肉を味わえるお店は一度訪れる価値ありです。

スポット情報

North Continent‐MIYANOMORI‐

North Continent‐MIYANOMORI‐

北海道札幌市中央区北五条西29-2-1 エステート宮の森 1F

011-613-8809

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事