おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.05.02 | 公開 2018.05.02

やみつきになる辛さ! 本場のタイ料理を札幌で味わえる「マニータイ」

北海道札幌市の狸小路にある「マニータイ」は、地元の人に愛される本格的なタイ料理のお店です。本場タイのレシピに、北海道産の食材を上手く掛け合わせたメニューが人気! タイの雰囲気をそのまま感じられる店内のインテリアも、料理のおいしさをぐっと引き立ててくれます。

個性的なタイテイストと国産食材へのこだわり

やみつきになる辛さ! 本場のタイ料理を札幌で味わえる「マニータイ」の1番目の画像

存在感たっぷりのタイ雑貨が飾られたアジアンテイストな玄関口が「マニータイ」の目印。店内も、まるで本当にタイにいるかのような独特の世界観を感じることができます。2000年の創業以来、本場と同じタイ料理を札幌の人々に楽しんでもらいたいという想いで続けてきた「マニータイ」。

タイ直伝のレシピはもちろん、使用する食材にも店主のこだわりが詰まっています。本場の味を追及するだけではなく、日本の四季折々の新鮮食材を使用することにもこだわったメニューの数々。リピーターも多いお店ですが、来るたびに違った感動が味わえると人気のお店。

シャキシャキ食感がクセになる「空心菜の辛み炒め」

やみつきになる辛さ! 本場のタイ料理を札幌で味わえる「マニータイ」の2番目の画像

シャキシャキとした食感と、おいしそうな見た目が人気の「空心菜の辛み炒め」。北海道産の新鮮な空心菜にこだわった、定番メニューです。

噛めば噛むほど口の中に広がる辛さが、やみつきになる一品。酒の肴として、タイのシンハービールやチャンビールと一緒に頼むのもおすすめ! 辛すぎるのが心配な人は、辛さも調節してもらえます。

ハーブと唐辛子が効いた本格的な「ガパオライス」

やみつきになる辛さ! 本場のタイ料理を札幌で味わえる「マニータイ」の3番目の画像

タイ料理として日本でもよく知られている「ガパオライス」も、このお店で頼めば本場のおいしさを堪能できます。タイ産の唐辛子からくる辛さは、タイの料理店で提供されている本物の辛さ。炒める際に加えるハーブも爽やか。

辛さを和らげたいときは、ライスの上にのせられたトロトロの半熟卵と一緒に。ビビンバの具として混ぜてもおいしい人気メニューです。

辛味が苦手でも食べられるタイ風焼きそば「パッタイ」

やみつきになる辛さ! 本場のタイ料理を札幌で味わえる「マニータイ」の4番目の画像

たっぷりのもやしと大きな海老、平たいタイ米麺を使用したタイ風焼きそばです。比較的辛さを抑えた味で、辛すぎるタイ料理は苦手という人でも安心して頼めます。

香ばしいナッツの香りや、タイでは定番のフルーツ、タマリンドの爽やかな酸味もいいアクセント。多すぎない量も女性には食べやすくちょうど良いボリューム。

全国各地の新鮮食材がタイの味に生まれ変わる

やみつきになる辛さ! 本場のタイ料理を札幌で味わえる「マニータイ」の5番目の画像

タイ出身のシェフによる本格的なタイのレシピに、日本の大地で育まれた食材を使うことにこだわったマニータイの料理。地元北海道から沖縄まで全国各地の契約農家から直送された新鮮食材で作りだされるメニューは、どれも格別なおいしさです。

店の前のボードに記載された季節限定、数量限定のメニューも、来店した人に驚きと感動を与えてくれます。辛さが苦手な人にとって、タイ料理はためらわれるジャンルともいえますが、お店のメニューには辛さの表示があるため、辛い料理が苦手でも安心。

地下鉄南北線すすきの駅から徒歩3分、札幌市電狸小路駅からは約190メートルの距離になります。ビルの地下1階にあるお店のため、お見逃しなく。札幌にいることを忘れてしまいそうな、「マニータイ」の本場の味と雰囲気をぜひ味わってみてください!

スポット情報

タイ国料理 マニータイ

タイ国料理 マニータイ

北海道札幌市中央区南三条西5-14 三条美松ビル B1F

011-232-5665

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事