おでかけ動画マガジン

ニュース

更新 2018.03.30 | 公開 2018.03.30

インドア花見を楽しむ。桜が咲き誇る「山種美術館」の企画展

街路樹や公園に咲く桜を眺めながら楽しむお花見。今年は芸術と一緒に楽しんでみませんか。ここ『山種美術館』では、2018年3月10日(土)~5月6日(日)の期間、芸術作品とともに日本を象徴する花、桜を楽しめる「〔企画展〕桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―」が開催されています。江戸時代から現代までの画家による桜の絵画を集めた展覧会では、大人なお花見を楽しめることでしょう。

6年ぶりの開催。絵画で春を感じる展覧会

インドア花見を楽しむ。桜が咲き誇る「山種美術館」の企画展の1番目の画像

『山種美術館』にて、2018年3月10日(土)~5月6日(日)の期間、開催されている「〔企画展〕桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―」。

日本に春の訪れを知らせる桜を、数々の絵画とともに楽しむことができるこの展覧会では、江戸時代から現代までの画家たちが描いた約60点もの桜の作品が一堂に集結。屏風や掛け軸、迫力のある巨大な絵画とさまざまな作品を見ることができます。

さらに、ショップでは美術館オリジナルの展覧会関連グッズも販売。新商品の京都の老舗『青木光悦堂』謹製のキャンディーボックス「covaco」や季節感のある文具、アクセサリーなども人気です。

画家の個性あふれる多彩な桜の表現を楽しめる

インドア花見を楽しむ。桜が咲き誇る「山種美術館」の企画展の2番目の画像

会場に入って右へ進むと多くのファンを持つ東山魁夷の《春静》がお出迎え。作品横には画家のことばや作品解説、エピソードなどが紹介されているので、美術館へあまり足を運ばない方でも、気軽に楽しめるでしょう。

さらに奥へ進むと、新緑の中の渓流を躍動感とともに描いた巨大な奥田元宋《奥入瀬(春)》が登場。今にも流れ出しそうなほどにリアルに描かれた渓流のほとりにも桜が描かれています。ダイナミックながらも繊細で鮮やかなタッチにもぜひご注目いただきたいです。

順路に従って進むと最後には夜桜をテーマに作品が展示されている展示室へと入ります。月明かりに照らされてより幻想的に描かれた7名の画家による夜桜作品を見比べることもできます。

センスのよいオリジナルグッズからも目が離せない!

インドア花見を楽しむ。桜が咲き誇る「山種美術館」の企画展の3番目の画像

「〔企画展〕桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―」は、絵画作品だけが魅力ではありません。展示されている作品をモティーフとしたグッズたちも展覧会の魅力のひとつなんです。

クリアファイルやはがきなど文具類に加え、展示作品をモティーフにした図柄を、昔ながらの職人が丁寧に手刷りした和紙を使ったキャンディーBOXも新登場。京都の老舗『青木光悦堂』のこだわりの飴は、優しい味わいを楽しむことができるでしょう。

橋本明治《朝陽桜》をデザインした懐紙も、お茶事だけでなく箸袋やコースターとしても利用できて便利です。

この展覧会が開かれている『山種美術館』は、JR各線・東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」から徒歩約10分。日本の桜を描いた作品とともに美術館でのお花見、そして春を満喫してみてください。

イベント情報

〔企画展〕桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―

〔企画展〕桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―

2018年03月10日 〜 2018年05月06日

東京都渋谷区広尾3-12-36

03-5777-8600(ハローダイヤル)

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ニュース」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事