ルトロン

おでかけ動画マガジン

PR / JR東海

EDIT 2018.03.27 ・ POST 2018.03.27

"色かわいい"が集う街。ふらり「奈良」さんぽ

奈良県 > 奈良市

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿クッキーにときめく「カフェ エトランジェ・ナラッド」

"色かわいい"が集う街。ふらり「奈良」さんぽの1番目の画像

まずは全面ガラス張りのおしゃれな「カフェ エトランジェ・ナラッド」へ。ここでは看板メニューの鹿クッキーがちょこんと乗った「ナラッドソフトクリーム(各450円)」をオーダー。つぶらな瞳の鹿がかわいく、食べるのがもったいないほど。

"色かわいい"が集う街。ふらり「奈良」さんぽの2番目の画像

スタンダードのバニラソフト、奈良の大和茶を使った大和茶ソフト、2つをミックスしたミックスソフトの3種類があり、両方の味を一度に楽しみたい欲張りさんにはミックスソフトがおすすめです。

スポット情報

「Pamba pipi(パンバピピ)」のカラフルわたあめを片手にふらり

"色かわいい"が集う街。ふらり「奈良」さんぽの3番目の画像

次は、顔よりも大きい特大わたあめが大人気の「Pamba pipi」。ふわふわでカラフルなわたあめは、持つだけでインパクト大! 注文を受けてからひとつひとつ丁寧につくられるため、ふわふわの出来たてをいただくことができます。
フレーバーの種類は豊富で、「ラズベリー」や「丸ごといちご」などのフルーツ系から、「カフェラテ風」などさまざま。

"色かわいい"が集う街。ふらり「奈良」さんぽの4番目の画像

奈良の老舗、マスオ商店の鬼ザラメを使用しており、甘すぎないわたあめとフレーバーの相性は抜群です。フレーバーは原料をそのままフリーズドライしたものを使用しており、野菜や果物のビタミンもそのまま凝縮しています。

スポット情報

奈良の粋なおみやげが見つかる「活版工房 丹 TAN」

"色かわいい"が集う街。ふらり「奈良」さんぽの5番目の画像

その後、奈良のかわいいおみやげ探しへ。「活版工房 丹 TAN」は、味わいのある活版印刷と上質な紙製品を融合させ、奈良ならではのデザインを施した紙の工房です。日本の伝統が宿った紙製品は、ギフトにもぴったり。

"色かわいい"が集う街。ふらり「奈良」さんぽの6番目の画像

活版独特の質感と粋な色合いの絵はがきは、旅の思い出として持ち帰るのにもおすすめ。絵柄になっている天平文様には、奈良時代から1300年経った現代においてもセンスの良さを感じます。ちょっとした手土産にも喜ばれる逸品が揃っています。

スポット情報

ハート形絵馬や水占いがかわいい「夫婦大国社」で縁結び

"色かわいい"が集う街。ふらり「奈良」さんぽの7番目の画像

最後に、世界遺産・春日大社の末社「夫婦大国社」へ。奈良公園に隣接する「春日大社」の南門から、石灯ろうが並ぶ道を進んだ先にある、全国でも珍しい夫婦の大国様を祀っている神社です。夫婦円満や家内安全だけでなく、良縁のご利益もあると言われています。ピンクのハートマークがキュートな絵馬で、縁結びや夫婦円満の祈願も。

"色かわいい"が集う街。ふらり「奈良」さんぽの8番目の画像

ここでは絵馬とともに人気の水占いを。ピンクの鹿とハートマークが書かれた水占いの紙を水に浮かべると、じんわりと文字が浮かんできます。どのアイテムもかわいく、心がパッと明るくなります。

スポット情報

色かわいいが集い、風情も感じる街歩きは、日頃の疲れも癒される至福のひととき。ゆったりと満喫し、心ほぐれる時間を過ごせます。

文/萩原かおり

奈良の選りすぐり観光情報はここでチェック

取材協力:JR東海
企画編集:ルトロン編集部

関連する記事

人気記事