おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.02 | 公開 2017.10.02

金芽米のうまみで米の味の違いを堪能しよう! 「金のダイニング・鮪金」

栄養価とうまみが抜群の金芽米をご存じですか? 東京銀座にお店を構える「金のダイニング・鮪金(ツナキン)」は、金芽米のうまみをお寿司や海鮮丼などの素材を活かしたメニューが特徴です。米のうまみを存分に堪能したい方なら、誰でも足を運びたくなるお店を紹介します。

金芽米が自慢! 米のうまみを堪能できるお店

金芽米のうまみで米の味の違いを堪能しよう! 「金のダイニング・鮪金」の1番目の画像

東京・銀座の交差点から少し離れた静かな場所にある、「金のダイニング・鮪金(ツナキン)」。ガラス張りになっており、外からも中の雰囲気を確かめることができる、銀座の街並みに沿うスタイリッシュな外観です。優しい色合いのウッディな素材を基調にした店内には、柔らかい雰囲気が漂います。

カウンター席には店名にもある金があしらわれており、調理の様子や新鮮なネタなども間近で見ることが可能。落ち着いた雰囲気の中、ゆっくり過ごすことができるのがお店の魅力となっています。

金のカウンターとウッディな雰囲気の落ち着いた空間

金芽米のうまみで米の味の違いを堪能しよう! 「金のダイニング・鮪金」の2番目の画像

東洋ライスが開発した健康米、金芽米と金芽ローカット玄米を使用したお店としてオープンしたのが「金のダイニング・鮪金」です。金芽米は、玄米のような高い栄養価と白米以上のうまみの新しいごはんとして注目が高まっているお米。この米のうまみをもっと広めたいという思いでスタートしました。

米はもちろん、使用する素材はどれもこだわりのものばかりです。トロの握りには金芽米と金芽ローカット玄米をブレンドしたシャリを使うなど、メニューに合った米で存分に美味しさを引き立てます。

海の幸たっぷり! 海鮮丼で金芽米のうまみを堪能しよう

金芽米のうまみで米の味の違いを堪能しよう! 「金のダイニング・鮪金」の3番目の画像

金芽米を存分に堪能できる海鮮丼はこの店自慢の人気メニューです。「海鮮丼 うに・いくらのせ」(1,980円)、「海鮮丼 いくらのせ」(1,480円)、「本日の海鮮丼」(980円)など、種類豊富に準備されています。

もちろん、お寿司もおすすめ。「松にぎり」(3,800円)、「鮪にぎり」(2,800円)、「本日のにぎり」(1,480円)と、こちらも好みに合わせたメニューを選択することができます。お寿司には茶碗蒸し・お椀がセットです。シャリの味の違いを味わってみてください。

極旨! 海鮮丼の締めには「魚介出汁茶漬け」

金芽米のうまみで米の味の違いを堪能しよう! 「金のダイニング・鮪金」の4番目の画像

海鮮丼だけでも充分に満足できますが、締めにさらなるお楽しみも。海鮮丼を注文すると、魚介のうまみたっぷりの出汁が一緒に提供されます。しっかりと海鮮丼の味を楽しんだ後は少し丼を残し、そこに海鮮だしとゆずを一振りしましょう。

少し残した海鮮丼がサラッとかき込める、締めにぴったりの「魚介出汁茶漬け」に生まれ変わります。2度楽しめる海鮮丼を楽しみに、このメニューを頼む人も多いようです。

金芽米の美味しさを世界に! 米の味の違いを実感しよう

金芽米のうまみで米の味の違いを堪能しよう! 「金のダイニング・鮪金」の5番目の画像

お米は日本が誇る食文化の代表。金芽米の美味しさを世界に広げたいという思いが詰まったお店。金芽米と相性抜群の美味しいメニューたちが、その思いをお客さんに直接届けています。

米の味の違いを実感できること間違いなし! ここでしか味わえない美味しさを確かめるために、ぜひ一度訪れてみてください。

「金のダイニング・鮪金」は東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「東銀座駅」から歩いて1分の場所にあります。ネタだけでなく、栄養たっぷり、うまみ抜群の金芽米を心ゆくまで堪能できるお店です。米のうまみをしっかりと噛み締めてみてください。

スポット情報

金のダイニング・鮪金

金のダイニング・鮪金

東京都中央区銀座5-10-13 東洋ライスビル1F

03-3573-5515

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事